90年以上を経ても色褪せない空中戦のド迫力

2020年5月23日 なかざわひでゆき つばさ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
つばさ

 第1回アカデミー賞の作品賞を獲得、『西部戦線異状なし』と並ぶ戦争映画の古典的傑作。第一次世界大戦の欧州戦線に従軍した若き米軍戦闘機パイロットたちの友情と恋愛を描く。コメディタッチの青春ドラマ部分はさすがに古臭さが否めないものの、しかしエリアルショットを駆使した空中戦の迫力は圧巻!ウィリアム・A・ウェルマン監督自身が空軍パイロット出身で実戦経験も豊富だったため、戦闘機をどの角度から撮ればカッコいいのか、空中戦や空爆をどう見せれば迫力出るのか熟知している。操縦席にカメラを固定した墜落シーンの臨場感など、90年以上前の技術でどう撮ったのか?と感嘆せざるを得ない場面の連続だ。(レンタルあり)

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:新しく映画ブログ始めました。よければチェックしてみてください♫なかざわひでゆきの毎日が映画三昧→http://eiga3mai.exblog.jp/

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]