”怪物”誕生

2020年7月1日 村松 健太郎 MOTHER マザー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
MOTHER マザー

とにかく徹頭徹尾長澤まさみを見る映画です。
『“長澤まさみの”MOTHER』というタイトルに書き替えてもいいのではないかと思います。
奥平大兼を筆頭に共演者たちはまとめて文字通り喰われています。
昨年2019年の『コンフィデンスマンJPロマンス編』と『キングダム』の演じ分けも驚かされましたが、今年2020年の『MOTHER』と『コンフィデンスマンJPプリンセス編』の役柄の差には驚かされるばかりです。
大森監督は女優を化けさせるのが上手ですが、今回は想定以上の大化け、一人の怪物が誕生しました。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]