シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オリジナルよりは上出来だけど。

  • メモリー First Time
    ★★★★★

    確かに『アメノナカノ青空』と骨子は同じだが、原作のさほど効果的ではなかった要素を省き、食い足りない部分をかなり補足し、初恋の記憶にまつわるトリックを導入して、ほとんど別物な印象の恋愛映画に仕上げて大健闘。カセットテープのSideAとSideBになぞらえ、作品の中盤で物語の裏側を暴いてしまうことで、アンジェラベイビーとマーク・チャオの若く清新なコンビだけでなく、アンジェラの母親ジャン・シャンとマークの父親(実生活でも父親!)アレン・チャオの物語を重層的に描くという構成の妙もある。ただいかんせん虚構性濃厚な話ではあるので、そこにノれるかどうかが問題だ。チープなCGはご愛嬌としても。

⇒映画短評の見方

ミルクマン斉藤

ミルクマン斉藤

略歴: 映画評論家。1963年京都生まれ。デザイン集団「groovisions」の、唯一デザインしないメンバー。現在、京都・東洞院蛸薬師下ルの「三三屋」でほぼ月イチ・トークライヴ「ミルクマン斉藤のすごい映画めんどくさい映画」を開催中。雑誌「テレビブロス」「ミーツ・リージョナル」「キネマ旬報」等で映画コラムを連載中。

» ミルクマン斉藤 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク