オリジナリティあふれる、見逃したくないお宝映画

2020年6月27日 猿渡 由紀 サンダーロード ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
サンダーロード

人生、こんなはずじゃなかったのに、どうしてこうなったのか。そんな絶望感を、男のプライドをかなぐり捨てて演じるジム・カミングスがとにかくあっぱれ。とりわけオープニングシーンは一生忘れられないほどのインパクトがある。母の死、離婚、子育ての苦労という、多くの人が経験する困難を、真剣にとらえつつも、ユーモアをもたせているのがなんとも見事。どん底に落ちた時、救ってくれるのは友情なのだということをさりげなく教えてくれるのも素敵だ。オリジナリティと人間味にあふれる、見逃したくないお宝映画。監督、脚本、作曲までこなしたカミングスの将来に、大いに期待。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]