ピュアとリアル

2020年8月11日 村松 健太郎 思い、思われ、ふり、ふられ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
思い、思われ、ふり、ふられ

咲坂伊緒青春三部作の最期の一編の映画化。
監督と原作者は「アオハライド」ですでに組んでいることもあって、原作の活かしどころもわかっている感じがします。
浜辺美波と北村匠海はもちろん、いよいよメジャーでメインを張るようになってきた福本莉子の大健闘も印象に残りました。
10代だからこそモテるピュアな部分と、意外としっかりているリアルの分のバランスが良かったです。
約一ヶ月後に公開される長編アニメーション版との違いも気になるところ。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:お一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]