現代のおとぎ話は実話でした!

2020年8月12日 山縣みどり ファヒム パリが見た奇跡 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ファヒム パリが見た奇跡

移民問題を考えさせる実話だ。主人公はチェスの才能ゆえに命を脅かされ、父親とともにフランスへ渡ったバングラディッシュ人ファヒム。すぐに新環境に適応するファヒムがコーチの下で研鑽を積む展開はスポ根風で、J・ドパルデューが頑固オヤジに見えて実は心優しい指導者を快演する。クラブの子供たちの差別意識ゼロな態度も心地いいし、終盤の「身分証がないから大会参加を認めない規則はおかしい」という考え方も含めてフランス人が寛大に描かれている。一方でフランス語が理解できない父親が政治亡命を却下される顛末にはびっくり。地獄の沙汰も通訳次第? 素敵な現代のおとぎ話であり、人生を左右するのは才能と実感。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]