いつの時代もしたたかな女が生き残るね

2020年11月6日 山縣みどり 十二単衣を着た悪魔 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
十二単衣を着た悪魔

源氏物語を「プラダを着た悪魔」的解釈で読み解いて、キャラクターを新たな角度から新分析した青春ドラマ。フリーター青年がいろいろと不便な平安時代に現代では感じられない生きがいを見出し、弘徽殿の女御にメンタルを鍛えられる展開は新型コロナで生き方を見直したい人の共感を得るかも。コミカルだけど、メッセージ性もある作品だ。三吉彩花がしたたかで頭脳明晰なヒロインを好演している。低めに抑制した発声もいい。最近とても気になっている伊藤沙莉が主人公の妻役で見事なシーン・スティーラーぶりを発揮している。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]