シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

やがて古典的名作として語られるであろう普遍的ラブストーリー

  • her/世界でひとつの彼女
    ★★★★★

     普遍的な愛とは何かを掘り下げたデリケートな映画だ。孤独な男がAIとの会話に癒され、恋に落ちる。スカーレット・ヨハンソンの声によるAIは、賢くも優しくセクシー。やや褪せた近未来を描く撮影とカレン・Oの物憂げな主題歌が、さらに詩情を豊かにする。
     
     互いを知る悦びを経て愛は高揚するが、長続きしない。人間性を学んだAIが、別の相手に惹かれ進化する様は、現実と何ら変わらない。欠落した自分を埋めるようにして強烈に相手を欲する、自己愛の限界。どんなに時代が進んでも変わらぬ人間性。AIとの愛が現実になるであろう数十年後には、切実な想いを託し古典的愛の名作として語る、寂しげな人々が続出しているに違いない。

⇒映画短評の見方

清水 節

清水 節

略歴: 映画評論家・クリエイティブディレクター|1962年東京・新宿生まれ ●日藝映画学科中退後、映像制作会社や編プロ等を経て編集・文筆業●映画誌「PREMIERE」やSF映画誌「STARLOG」等で編集執筆●海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」DVD企画制作●著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」、新潮新書「スター・ウォーズ学」(共著) ●WOWOW「ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画制作で国際エミー賞、ギャラクシー賞、民放連賞 最優秀賞を受賞。

近況: ●映画.comコラム:世紀の問題作!「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を10倍味わうためのポイント10●雑誌「Pen」SF特集「ブレードランナー2049」インタビュー他●NHK BSプレミアム「ザ・ベストテレビ2017」出演●劇場パンフ「エイリアン:コヴェナント」映画評●ニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」

サイト: http://eiga.com/extra/shimizu/

» 清水 節 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク