偽りの楽園に反旗を翻す少年少女を描く寓話的ディストピア物

2020年12月19日 なかざわひでゆき 約束のネバーランド ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
約束のネバーランド

 原作コミックの予備知識ゼロにて鑑賞。少年少女向けの夢と冒険に溢れるファンタジー…かと思いきや、これがなかなかハードな寓話的ディストピア物だった。子供たちの明るい笑顔が絶えない平和な孤児院の裏に隠された残酷な秘密。そこは理想郷のように見せかけた地獄だった。その事実を知ってしまった少年少女が、自分たちの未来と運命を変えるために脱出を試みる。無垢な若者たちを文字通り食い物にする偽りの楽園は、さながら現代日本社会の写し鏡。どこまでも前向きで理想主義的なヒロインの不屈の精神が、決して斜に構えず諦めず、大人の言うことに疑問を持ち、現実を受け入れるよりも変えていくことの大切さを訴える。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]