不都合な異物を呑み込むことで偽りの幸せを演じる女性の存在証明

2020年12月31日 なかざわひでゆき Swallow/スワロウ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Swallow/スワロウ

 リッチで意識が高くて非の打ちどころのない家族に嫁入りした女性が、完璧な妻を演じることのストレスやプレッシャーから、石や安全ピンや電池などの異物を呑み込むという衝動に駆られるのだが、やがて長年抱えてきた、より深い心の傷が浮き彫りにされていく。いわゆる異食症をテーマにした作品。誰かに愛されたい、求められたい、見捨てられたくない。しかし、自分が愛される価値のある人間だとは思えない。そんな不安を抱えながらも私は大丈夫だと自分に言い聞かせ、不都合な「異物」を呑み込んで偽りの幸せを演じる女性が、己の問題と向き合わざるを得なくなる。とてもユニークな視点から人間の痛みと再生を丹念に描く作品だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]