主演男優2人が、それぞれ別の持ち味で競演

2021年1月20日 平沢 薫 ダニエル ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ダニエル

 "自分にしか見えない秘密の友人"は自分の意識の産物なのか、別の存在なのか、という王道の心理サスペンス。古い書物を巡る会話で正体を暗示するという演出に妙味あり、数場面でのフランシス・ベーコンの絵画をホラー流にアレンジした映像も見ものだが、やはり二世俳優2人に目が行き、どちらも予告編より本編の方が魅力的。ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスは一人の青年の様々な顔を見せ、アーノルド・シュワルツネッガーとマリア・シュライヴァーの息子パトリック・シュワルツェネッガーは「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」の好青年役とは真逆のクールな悪役ぶりで、こちらの方が似合うような。

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「日経エンタテインメント!」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:アニメシリーズ「インビンシブル〜無敵のヒーロー〜」@Amazonプライムを視聴中。クリエイターが「ウォーキング・デッド」の原作コミック作者ロバート・カークマンなので、第1話のラストから「おおっ!?」な展開。全8話と短めだし、最後まで見届けないと。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]