成長物語なら、間違いない熊澤尚人監督作

2021年1月25日 くれい響 おもいで写眞 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
おもいで写眞

老人の「遺影」ではなく、場所込みの「おもいで写眞」という設定は興味深い。また、夢破れ、東京から故郷に戻った気が強いヒロインを演じる深川麻衣を愛でるアイドル映画としても悪くない。さすが『ニライカナイからの手紙』以来、ヒロインの成長物語を撮らせれば、ほぼ間違いない熊澤尚人監督作だ。高齢や障がいなどの問題も扱いながら、富山県のご当地映画として観ても及第点だが、熊澤監督と脚本家まなべゆきこの“『君に届け』コンビ最新作”と考えると、やはりパンチに欠ける。テンカラット設立25周年企画作ではあるが、安定なベテランばかりではなく、『mellow』のように若手を起用したら、さらに話に広がりが見えたかも。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:5月1日(土)新文芸坐オールナイト「香港アクション絆! ドニー・イェン&谷垣健治」にて、谷垣健治さんとトークショーやります!『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて東出昌大さん&柄本時生さん、森川葵さん&秋田汐梨さん&萩原みのりさん、松本まりかさん、「EVIL A MAG」にてB.O.L.Tさん、「CREA WEB」にて上村侑さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]