「わきまえた女」であることを強いられてきた女性たちの痛み

2021年2月11日 なかざわひでゆき ファーストラヴ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ファーストラヴ

 父親を殺害した容疑で逮捕されものの供述が二転三転する女子大生と、その動機の解明に取り組む公認心理士による緊迫した心理戦を描いたサスペンスなのだが、やはり注目すべきは事件の背景に横たわる日本社会の根深い男尊女卑の風潮にあるだろう。浮かび上がるのは、男性にとって都合の良い「わきまえた女」であることを強いられ、「嫌だ」という抵抗の声を封じられてきた女性たちの、世代を超えて心に刻まれた深い傷の痛み。一見したところ加害者側に思える女性もまたその被害者だ。奇しくも東京五輪組織委員会会長の女性蔑視発言が問題視される中、今の日本人が真剣に向き合わねばならないテーマを孕んだ映画であることは間違いない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとして、TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。また、数多くの来日スターにインタビューしており、ハリウッドのスタジオや撮影現場へも毎年コンスタントに足を運んで取材をしている。特に海外ドラマの現地取材は本人も数え切れないほど(笑)。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]