「今がいちばん楽しい!」……そう言い切れる?

2021年2月20日 相馬 学 あの頃。 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
あの頃。

 何かに熱烈に入れ込んでいる人間はオタクと呼ばれ、ときに“キモい”と蔑まれたりもする。そんな社会性を俯瞰しつつ、オタクの人間ドラマに切り込んだ愛すべき一本。

 オタク仲間たちの絆と葛藤が物語の主軸。「アホやなあ」と言い合い、自分もアホであることを理解している者同士の関りがユーモラスかつリアル。何より、貧乏をしながらも「今がいちばん楽しい」と言い切れるキャラの声にグッときた。

 松坂桃李や仲野太賀ら、注目の役者たちがそれぞれの役割を心得ながら見せる演技のアンサンブルも素晴らしい。彼らの姿に同類的なオタク心がシンクロして、つい涙してしまったことは、ここだけの話にしておきたい。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]