欲に駆られ窮地に追い込まれた人々の凄まじい末路

2021年2月20日 なかざわひでゆき 藁にもすがる獣たち ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
藁にもすがる獣たち

 銭湯のロッカーから発見された大金入りのボストンバッグを巡って、多額の借金を背負って行方をくらました風俗店の女社長、その借金を代わりに背負って取り立てに追われる恋人の公務員、事業に失敗してアルバイト生活で身を削る中年男、株投資で借金を作ったせいで夫からDVを受ける風俗嬢らの運命が交錯していく。一見したところ全く繋がりのない彼らの物語が、随所に張り巡らせられた伏線によって、だんだんとひとつに結びついていくストーリーの構成が実に巧み!欲に駆られ窮地に追い込まれた人々が、藁にもすがる思いで誤った選択を重ね、どんどん破滅へと突き進んでいく凄まじい末路に身震いする。ラストの落としどころも見事だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]