古代民話の少年神が近未来に改造バイクで大暴れ

2021年2月20日 平沢 薫 ナタ転生 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ナタ転生

"何でもアリ"感が痛快。『レディ・プレイヤー1』で『AKIRA』で『マッドマックス』で『アリータ:バトル・エンジェル』で『ジョジョの奇妙な冒険』やスチーム・パンクもちょっと入った近未来SFアクション・アニメでありつつ、物語の土台である"ナタ"はインドの神話から中国仏教を経て道教に根付き「西遊記」にも登場する哪吒(ナタ)太子。古代の民話的存在が近未来に転生して、猛スピードで改造バイクを乗り回す世界なのだ。この哪吒太子が少々一筋縄ではいかない性格で、マーベル映画に北欧神話出身のロキがいるなら、中国映画にはアジアの神話出自のナタがいる、みたいな心意気が感じられるのも楽しい。日本ならスサノオあたり?

平沢 薫

平沢 薫

略歴:映画ライター。視覚に訴えかけるビジュアルの派手な映画がお気に入り。「SCREEN」「SCREEN ONLINE」「日経エンタテインメント!」「キネマ旬報」「SFマガジン」「映画.com」「Movie Walker」等で執筆。他に「キングスマン:ゴールデン・サークル」ノベライズ、「グレートウォール」ノベライズ、「X-ファイル 2016」ノベライズ、「フランケンウィーニー」ノベライズ、「「ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド」翻訳など。ウェブで映画やTVドラマのニュースを追いかけ中

近況:「獣の棲む家」@Netflixが、ゴーストハウス映画の変形版として見ても興味深い。アフリカからロンドンへ移民してきた夫婦が住むことになった家で怪異が起きるが、そこには夫婦の過去、彼らのルーツ、移民をめぐる現状が絡んでいるという現代的恐怖譚。

平沢 薫さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]