「好き」という気持ちを人生の糧にしていく若者の成長譚

2021年2月25日 なかざわひでゆき あの頃。 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
あの頃。

 バンド活動に挫折して人生どん底の若者を救ってくれたのは、キラキラと輝く松浦亜弥の笑顔。それをきっかけにハロプロの世界にハマってしまった彼を中心に、うだつのあがらない日常をアイドルへの一途な愛に捧げる大人たちの、愉快で気ままでバカバカしいヲタ活の日々を賑やかなノリで描く。もちろん、いつまでも永遠にそんな幸福が続くはずもなく、いずれは目の前の現実との折り合いを迫られることになるのは世の常。そんなほろ苦さと甘酸っぱさを織り交ぜつつ、「好き」という素直な気持ちを人生の糧にしていく主人公の成長譚に、健全なるヲタクの理想的な生き様を垣間見るような気がする。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]