哀しみを胸に、肝っ玉母さん奮闘記

2021年2月28日 くれい響 ステージ・マザー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ステージ・マザー

かなり直球なベタ展開であり、ヘヴィすぎる問題を扱いながら、いろいろ詰めが甘く見えてしまう“ゲイバー版『ヘンダーソン夫人の贈り物』”。とはいえ、主人公のパワフルな肝っ玉母さんを演じるのが、ジャッキー・ウィーヴァー。『アニマル・キングダム』での女家長のイメージが強すぎるベテランだけに、なかなかのパワーワードを発する息子に先立たれた母を、圧倒的な存在感で好演。しっかり物語を引っ張ってくれる。シングルマザーを演じる金髪姿のルーシー・リューもいいスパイスになっているほか、ボニー・タイラーの「愛のかげり」の使い方も泣かせるラストのパフォーマンスまで、93分でまとめた点は評価したい。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:5月1日(土)新文芸坐オールナイト「香港アクション絆! ドニー・イェン&谷垣健治」にて、谷垣健治さんとトークショーやります!『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「TV LIFE」にて東出昌大さん&柄本時生さん、森川葵さん&秋田汐梨さん&萩原みのりさん、松本まりかさん、「EVIL A MAG」にてB.O.L.Tさん、「CREA WEB」にて上村侑さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]