伝記ドラマ?NO!天才の思考に関する考察

2021年3月24日 相馬 学 テスラ エジソンが恐れた天才 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
テスラ エジソンが恐れた天才

 “思考に注意なさい。思考は生きて、遠くへ行く”というセリフがあるが、本作はテスラの思考世界をビジュアル化する試みというべきか。

 年代を追ったいわゆる伝記ドラマではないし、時代考証を重視した歴史劇でもない。現代の視点でテスラを見つめ、当時はなかったインターネットや、その先のデジタルの可能性にも言及。未来を見つめていたテスラの思考に驚かされる。

 ラップトップや「ルール・ザ・ワールド」の歌唱なども飛び出す、タイムレスな感覚はシェイクスピア作品を現代劇のドラマとして蘇らせたアルメレイダ監督らしさとも言えよう。思考に注意しきれなかった男の悲劇としての映画の着地も、上手い。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]