グローバル化に直面する幸福度No1の国民が感じる幸せとは?

2021年4月6日 山縣みどり ブータン 山の教室 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ブータン 山の教室

幸福度No1の国ブータンに押し寄せるグローバル化と伝統的価値観のせめぎ合いが反映された人間ドラマだ。主人公は携帯が手放せず、オーストラリアで歌手になるのが夢という今どきの青年教師。僻地ルナナの小学校に赴任させられた彼が「真の幸福とは?」と考える姿を追う。主要キャスト以外はルルナ村民で、 “未来に触れることができる人”と教師を尊敬し、目を輝かせて学ぶ子どもが本当に愛らしい。最初は「無理〜」と悲鳴を上げた主人公が止まる気持ちもわかる。もちろん家庭を顧みない父親もいるし、村は貧しい。それでも美しい大自然とともに生きる人々の純朴さは、私の汚れた心を浄化してくれた。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]