国家権力を叱る!?韓国のスーサイド・スクワッド

2021年4月8日 相馬 学 ザ・バッド・ガイズ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ザ・バッド・ガイズ

 服役囚からなる凶悪犯罪捜査チームというアイデアは『スーサイド・スクワッド』そのままだが、こちらは少数精鋭、4人のチーム。少数だから、それぞれの個性も生きる。

 中でも、やはりマ・ドンソクの暴れっぷりが光る。パンチ一発で敵をのし、腕力だけでバックブリーカーをキメるなど、その強さの漫画的な描写が痛快だ。“税金で食ってるなら、悪いことだけはするな、それが国民への礼儀だ!”というまっとうな主張も、この人が言うと説得力がある。

 ギャグは韓国映画らしくところによってベタだが、テンポは良いし、ドラマに“情”が染み込んでいるのも妙味。続編ができそうな雰囲気もあり、そちらも楽しみになってくる。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]