4K修復版で堪能する大らかなセックスの世界

2021年4月24日 なかざわひでゆき 愛のコリーダ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
愛のコリーダ

 ご存知、日本映画初の本番セックスで世界中に衝撃を与え、クインシー・ジョーンズ(オリジナルはチャズ・ジャンケルだけどね)の大ヒット曲のタイトルにもなった大島渚監督の名作。お話は阿倍定事件。残念(?)ながらぼかし修正は相変わらずなのだが、しかし色彩の鮮烈さや滑らかな映像は4K修復版の威力であろう。久しぶりに改めて見直すと、確かに結末は陰惨かもしれないが、しかしまるで恋愛やセックスを覚えたての10代カップルのような、2人だけの世界に溺れ切った男女の愛の営みがなんとも微笑ましく、彼らを取り巻く人々の性に対する大らかさにも感心する。「まあ旦那、ずいぶん威勢がよござんすね」のお婆ちゃん芸者なんか最高!

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]