作った関係者に感謝!? 抑制が活きた第2章

2021年4月30日 相馬 学 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット

 またもハイテンションで来るかと思いきや、前作よりも抑えてきた。ともすれば過度な騒がしさがドラマの進行を妨げていた前作に比べて、タイトに締まったのは嬉しい誤算。

 藤井流星ふんするヴィランを、トコトン憎むべきヴィランに設定したことで邪悪な空気感は高まり、それをいかに打倒するかという方向に物語は集中する。浜辺美波も抑えた演技でヒロインの凄みを見せつけて、映画のトーンと一体になった。

 人気作の続編ということもあり、それなりの規模の作品ではあるが、これがパンデミック下で撮影されたことに驚く。こういうエンタメが、今も現在進行で作られることの意義。それについても考えさせられた。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ファナティック ハリウッドの狂愛者』他の劇場パンフレットでお仕事中。「映画の巨人たち リドリー・スコット」(辰巳出版刊)に寄稿。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]