人間をただの労働力として搾取する日本社会の現実

2021年4月30日 なかざわひでゆき 海辺の彼女たち ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
海辺の彼女たち

 技能実習生として来日した3人の若いベトナム人女性。1日15時間労働で残業代も休日もなし、タコ部屋へ押し込められて昼夜も分からず、給料からは勝手に経費が引かれる。そんな地獄のような職場から逃げ出し彼女らは、ブローカーの手引きでようやくまともな仕事にありつくが、しかしそこには不法就労者としての厳しい現実が待ち受ける。実話から着想を得たというフィクション。しかし、密着ドキュメンタリーさながらの映像が、今も日本全国のそこかしこに暮らすであろう「彼女たち」の存在をリアルに実感させる。人間をただの労働力として搾取する日本社会の現実は、なにも外国人だけに限らない。だからこそ重くのしかかるものがある。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]