白石聖の存在が頼もしい王道キラキラ映画

2021年6月5日 くれい響 胸が鳴るのは君のせい ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
胸が鳴るのは君のせい

着実に女優としてのキャリアを積んできた白石聖の成長を見届ける映画ともいえる。コメディエンヌとしての魅力を発揮しているだけでなく、その頼もしさゆえに、芝居経験が少ない浮所飛貴も、しっかりフォロー。とはいえ、“床ドン”が登場する修学旅行に、元カノやイケメンといったライバルの存在が気になる夏祭りに文化祭など、ベタベタなシチュエーションが畳み掛ける。そんな王道キラキラ映画であるため、この既視感にノレないと、かなりキツい。また、各キャラの心情の変化がしっかり描かれていないこともあり、浮所演じる有馬の言動などが、あまりに唐突に見えてしまうなど、いろいろ問題がある一作である。

くれい響

くれい響

略歴:1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では20年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況:『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』『藍に響け』『裏アカ』『新感染半島 ファイナル・ステージ』『ハッピー・オールド・イヤー』『新解釈・三國志』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。そのほか、「シネマトゥデイ」にて菅田将暉さん&Fukaseさん、「TV LIFE」にて高杉真宙さん、池田エライザさん、水野勝さん、高岡早紀さん、「MOVIE WALKER」にて森川葵さん&秋田汐梨さん&萩原みのりさん、「EVIL A MAG」にてB.O.L.Tさん、「CREA WEB」にて和田琢磨さんなどのインタビュー記事も掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

くれい響さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]