華やかな世界の裏をリラックスして観てたら、猛毒が潜んでた?

2021年6月9日 斉藤 博昭 グリード ファストファッション帝国の真実 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
グリード ファストファッション帝国の真実

「全裸監督」の村西とおるもダブるように、とにかく強引、ひらめきで周囲を困らせ、業界を革新する。そんな主人公のオレ様ぶりを一見、痛快に見せつつ、辛辣に、そして鮮やかに社会性を盛り込むのは、この監督ならでは。大いに楽しませ、最後に毒が効いてくる感覚、狙っても簡単に出せるものではない。達人芸の映画だ。
会話の妙やリゾートでの食事シーンの演出は、主演のクーガンと組み、イタリアやスペインのグルメ旅を描いた監督の人気シリーズと激似で、全体はリラックスムード。ここも観客を引き込む要因か。
ファッション界のディープネタ、豪華スターの特別出演、笑えるそっくりさん、ギリシャ神話引用など、細部までサービス精神旺盛。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:例の接待問題で軽く話題になっている、洋画専門チャンネル「ザ・シネマ」で、4月に何回か放映される「ザ・シネマ レコメン道場」という新番組に出演しています。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]