クレイジーなノリが楽しいタイムループ系アクション

2021年6月9日 なかざわひでゆき コンティニュー ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
コンティニュー

 正体不明の殺し屋集団から命を狙われ、殺されるたびに同じ一日を繰り返す元兵士が、タイムループ現象の謎と殺し屋集団の黒幕を突き止めようとする。ストーリー的には『オール・ユー・ニード・イズ・キル』ミーツ『恋はデジャ・ブ』といった感じで、同じジョー・カーナハン監督の『スモーキン・エイス/暗殺者がいっぱい』にも通じるクレイジーなノリが楽しい。リセットされるたびに知恵とスキルを付けて勝ち進むという筋書きもよく練られているが、しかし中盤で明らかとなるタイムループの真相は「いくら一か八かの賭けだとしてもリスキー過ぎじゃねえか?」という疑問も拭えず、多少興ざめしてしまうことは否めない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]