衰退する日本の田舎と豊かな時代を知らない若者たち

2021年6月10日 なかざわひでゆき のさりの島 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
のさりの島

 熊本県天草市、シャッター街と化した薄暗いショッピングアーケード。とある楽器店にオレオレ詐欺の受け子の若者が足を踏み入れたところ、ひとりで店を守る老女が若者を自分の孫だと思って招き入れ、なんとなく成り行きで若者は老婆のもとに居候することとなる。そんな2人の微笑ましくもハラハラとする共同生活を軸に、急速に衰退する地方都市に暮らす人々の日常を描く作品。中でも注目すべきは、かつて商店街が大勢の買い物客で賑わった豊かな時代を知らずに育った若い世代の、故郷を愛するがゆえの無力感だ。これは現在の日本の田舎が直面する現実であり、恐らく近い将来やって来る日本という国全体の風景なのかもしれない。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]