愚かなくらい純粋で前向きで天真爛漫な肉子ちゃんが愛おしい!

2021年6月10日 なかざわひでゆき 漁港の肉子ちゃん ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
漁港の肉子ちゃん

 なんとも愛すべき映画である。その愚かしいまでの純粋さゆえ、クズみたいなヒモ男ばかりに引っ掛かって苦労しながらも、しぶとく逞しく前向きに生きてきた天真爛漫な女性・肉子ちゃん。本作はそんな母親をちょっと恥ずかしく感じつつ、それでもなお愛さずにはいられない思春期の多感な娘・キクコの目を通して、東北の漁港町に暮らす肉子ちゃんの賑やかな日常が描かれる。『となりのトトロ』などジブリアニメにも通じる、ノスタルジックでほのぼのとしたタッチが魅力的。また、大人への階段を上り始めたキクコの自我の目覚めを交えることで、大いなる女性賛歌に仕上がっているところも素敵だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]