ADVERTISEMENT

オムニバスとしてのバランスに欠けるのが惜しい

2013年7月17日 なかざわひでゆき SHORT PEACE ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
SHORT PEACE

日本が世界に誇る漫画家でアニメ監督でもある大友克洋の陣頭指揮のもと、彼を含む4人のクリエイターによる短編アニメで構成されたオムニバス映画。テーマはズバリ“日本”だ。モノノケの世界に迷い込んだ男の不思議な体験を描く森田修平の「九十九」、恋する女の情念が江戸の町を炎で包む大友克洋の「火要鎮」、幼い少女に心を動かされたシロクマが寒村を荒らす巨大な赤鬼と対峙する石井克人の「GAMBO」、そして廃墟と化した近未来の東京で無人兵器と戦う一団を描いたカトキハジメの「武器よさらば」。それぞれに独創的な作品が集まったのはいいのだが、その作風やテーマを含めて「武器よさらば」だけが全体から浮いてしまったような印象は否めない。日本古来の伝統美を豊かなイマジネーションと丁寧な筆致で描き出した他の3篇に比べ、SFバトルアクションに属するこの最終章はちょっと異質すぎたように思える。とりあえず、絵巻物に命を吹き込んだかのような「火要鎮」の江戸情緒あふれる様式美は絶品。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT