ADVERTISEMENT

映像表現の毛細血管が若く、物語の肺活量が多い

2021年6月24日 轟 夕起夫 1秒先の彼女 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
1秒先の彼女

“タイム感”が正反対の男女ふたりを主人公にした、探し物ならぬ「失くし物」の映画。チェン・ユーシュン監督は『祝宴!シェフ』(13)で幼い時分から親しんできた習わし、都市化によって失われつつある辦桌(バンド)=「屋外での宴会スタイル」に愛惜の念を表明したが、ここでは消えた「1日」を探す旅を通して、ゲスい世の中がいつしか消し去ってしまったものを問いかけてくる。

いつもながら想像の斜め上……いや、“異次元の趣向”でもって突飛な奇想をヴィジュアル化。作為に満ち溢れているのに、ひとつひとつの映像表現の毛細血管が若く、しかも物語の肺活量が多い。細部まで手を尽くしたチェン・ユーシュンの「構築美」すら感じる。

轟 夕起夫

轟 夕起夫

略歴:文筆稼業。1963年東京都生まれ。「キネマ旬報」「映画秘宝」「クイック・ジャパン」「DVD&ブルーレイでーた」「QJweb」などで執筆中。近著(編著・執筆協力)に、『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』(スペースシャワーブックス)、『寅さん語録』(ぴあ)、『冒険監督』(ぱる出版)など。

近況:またもやボチボチと。よろしくお願いいたします。

サイト: https://todorokiyukio.net

轟 夕起夫さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT