僕が女性なら同じ質問をしますか? セリフでテーマを突き刺す

2021年7月21日 斉藤 博昭 親愛なる君へ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
親愛なる君へ

家族と思われる人々の食事が描かれるオープニングから、人間関係に想像力が広がり、さらに主人公が罪に問われている描写で、ドラマがどう転んでいくか読めない不安定さに引き込まれる。脚本と構成、その綿密な巧妙さで、主人公の不安と哀しみ、揺るぎない覚悟に寄り添っていく感覚。見出しに挙げたような、テーマが胸に迫る名セリフも数多い。

すでにこの世にはいない人物によって、結びつけられた新たな家族。老いた母が、息子の死をどう受け入れ、どうやって彼の幸福を確かめるのか。そこには純粋な愛、人と人の絆を素直に認めたいという、まっすぐな作り手の思いが貫かれる。後味は切なく、届くメッセージは強靭という見本のような一作。

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴:1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況:4K修復で、あまりに美しい映像になった「ウルトラセブン」。毎週日曜朝はリアルタイムのツッコミを読みながら見るのが楽しすぎ。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

斉藤 博昭さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]