ヒッチコックの『海外特派員』本編120分(無料)

金曜レイトショー

真実を追う新聞記者が巻き込まれる巨大な陰謀~ヒッチコックの社会派サスペンス

第二次世界大戦直前、ヨーロッパではいまにも戦争が勃発しそうだったが、新聞社にでさえ正しい情報はつかめていなかった。ニューヨークの新聞記者ジョンは情報の核心を求めて、重要人物に取材をするためオランダに派遣されるが、恐ろしい陰謀に巻き込まれていく。

[PR]

見どころ

ヒッチコックがイギリスからアメリカに移って2作目の作品。映画の内容と同じくこの映画が製作された1940年は第二次世界大戦が始まり世界に広がりかけている時期でした。そのためヒッチコックの悲痛な叫びがこの物語には込められています。情報戦かと思いきやカーチェイスに始まりヒッチコックお得意のミステリートリック、そして壮大なスペクタクルへと物語は広がっていきます。CGのない時代に遠近法を駆使し立体感にこだわるヒッチコックの映像技術の素晴らしさはモノクロだからこそ際だっています。

  • 製作年:1940年(120分)モノクロ
  • 製作国:アメリカ
  • 監督:アルフレッド・ヒッチコック
  • 出演:ジョエル・マクリー、ラレイン・デイ

ラインナップ / Twitter

Licensed by Braintrust Corporation.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]