『第三の男』105分(無料)

金曜レイトショー

友人の死の真相をさぐる作家が巻き込まれる混沌とした世界を描くサスペンスの傑作

第二次世界大戦直後のオーストリアの首都ウィーンを舞台にしたサスペンス。当時オーストリアは、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連という4か国に分割統治され街全体が混沌としていました。そんな街にふらっと友人を訪ねてやってきたアメリカ人の作家が友人の突然の死に遭遇し、その真相を探っていきます。

[PR]

見どころ

モノクロの映像が効果的に使われ怪奇ミステリーのようでもあり、社会派スリラーそしてロマンスと娯楽映画としての要素が詰め込まれた傑作です。若き日のオーソン・ウエルズが重要な役で登場します。全編を通して劇中曲として流れるチターと呼ばれる弦楽器の美しい音色が奏でるおなじみの曲にも注目。

  • 製作年:1949年(105分)モノクロ
  • 製作国:イギリス
  • 監督:キャロル・リード

* 出演:ジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズ

ラインナップ / Twitter

Licensed by Braintrust Corporation.

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]