シネマトゥデイ

映画『タイガー』『命ある限り』『闇の帝王』『きっと、うまくいく』

シネマトゥデイ 10,968回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

『タイガー~伝説のスパイ~』
インド諜報(ちょうほう)組織のエースとして活躍するエージェントが、敵国の美人スパイと恋に落ち、世界を股に掛けた逃避行を繰り広げていくロマンス。監督はドキュメンタリー出身の新鋭、カビール・カーン。インドを代表する肉体派スターとして知られる『ミモラ -心のままに-』などのサルマーン・カーンが、体を張った見せ場を繰り出しながら主人公タイガーを快演。アイルランド、トルコ、キューバなどでのロケ映像にも魅了させられる。
cinematoday.jp
配給: 日活
オフィシャルサイトbollywood-4.com

『命ある限り』
プロデューサーとしても活躍した、インド映画界が誇る名匠ヤシュ・チョプラの遺作となったラブロマンス。運命的な出会いを果たすも、次々と降り掛かる試練に翻弄(ほんろう)される男女の10年にも及ぶ愛の軌跡を追い掛けていく。『ラ・ワン』『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』などのスター俳優シャー・ルク・カーンが愛ゆえに過酷な生き方を選択する主人公にふんし、彼にとって初となるラブ・シーンを披露。壮大で波瀾(はらん)万丈なストーリーもさることながら、ロンドン、カシミール、ラダックでロケを敢行した美しい映像も見どころだ。
cinematoday.jp

『闇の帝王DON~ベルリン強奪作戦~』
『DON(ドン) -過去を消された男-』に続く、シャー・ルク・カーン主演のアクション・シリーズ第2弾。アジアの裏社会を支配する男ドンがもくろむユーロ紙幣印刷原版強奪の行方を、インターポールの追跡や欧州マフィアとの攻防も絡めながら活写する。天才的頭脳を駆使して大胆不敵な犯罪を繰り返すドンをシャーがクールに演じ、情熱的なダンスまでも披露。ミス・ワールドの実績を持つ『ラ・ワン』のプリヤンカー・チョープラーを筆頭とするインドの実力派をそろえたキャストに加え、ベルリン市街地でのカー・チェイスなどのアクションも見もの。
cinematoday.jp

『きっと、うまくいく』
インドで製作された、真の友情や幸せな生き方や競争社会への風刺を描いたヒューマン・ストーリー。入学したインドのエリート大学で友人たちと青春を謳歌(おうか)していた主人公が突然姿を消した謎と理由を、10年という年月を交錯させながら解き明かしていく。主演は、ボリウッド映画の大スターであるアーミル・カーン。『ラ・ワン』のカリーナー・カプールがヒロインを務める。抱腹絶倒のユーモアとストレートな感動を味わうことができる。
cinematoday.jp

きっと、うまくいく』の動画

[PR]

関連動画

[PR]
  1. 動画
  2. 映画『タイガー』『命ある限り』『闇の帝王』『きっと、うまくいく』