「アクト・オブ・キリング オリジナル全長版」冒頭映像(10分)

シネマトゥデイ 11,017回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

インドネシアで行われた大量虐殺を題材にし、ベルリン国際映画祭観客賞受賞、アカデミー賞にもノミネートされたドキュメンタリー。1960年代にインドネシアで繰り広げられた大量虐殺の加害者たちに、その再現をさせながら彼らの胸中や虐殺の実態に迫る。『フィツカラルド』などの鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク、『フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白』などのエロール・モリス監督が製作総指揮を担当。凶行の再演という独特なスタイルに加え、そこから浮かび上がる人間が抱える闇にドキリとさせられる。

配給:トランスフォーマー
公式サイト:aok-movie.com
作品情報:cinematoday.jp

[PR]

関連動画

[PR]