ADVERTISEMENT

舞台「ハリポタ」藤原竜也、石丸幹二、向井理らキャスト13名が集結!舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」制作発表【トークノーカット】

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」制作発表にハリー・ポッター役の藤原竜也、石丸幹二、向井理、ハーマイオニー・グレンジャー役の中別府葵、早霧せいな、ロン・ウィーズリー役のエハラマサヒロ、竪山隼太、アルバス・ポッター役の藤田悠、福山康平、スコーピウス・マルフォイ役の門田宗大、斉藤莉生、マクゴナガル校長役の榊原郁恵、高橋ひとみ、舞台の演出補コナー・ウィルソンが登壇。

本作は、ハリー・ポッターたちが魔法界を救ってから19年後の物語。魔法省で働くハリーは3人の子を持つ父親になったが、幼い頃に両親を亡くした彼は反抗的な態度をとる次男のアルバスに対し、父親としてうまくふるまえずにいた。魔法界ではかつての暗闇の世を思わせる不穏な事件が相次ぎ、人々が不安を抱えるなか、アルバスとドラコ・マルフォイの息子スコーピウスの出会いが引き金となり、暗闇による支配が加速していくことになる。

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」は2022年7月8日よりTBS赤坂ACTシアターでロングラン上演開始
公式サイト:harrypotter-stage.jp

ADVERTISEMENT

話題の動画

ADVERTISEMENT