チリのドキュメンタリー作家が手掛けた2作!映画『光のノスタルジア』『真珠のボタン』予告編

シネマトゥデイ 4,503回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

『真珠のボタン』
南米・チリ、西パタゴニアの海底で発見されたボタンを基に、パタゴニアの歴史をひもといていくドキュメンタリー。殺された政治犯や祖国を奪われた先住民、火山や山脈、氷河といった険しい自然環境の中で流されてきた血の数々を、ボタンを調べていくことで明らかにする。監督は、本作で第65回ベルリン国際映画祭で脚本賞を受賞したチリ人のパトリシオ・グスマン。
cinematoday.jp
配給: アップリンク
uplink.co.jp
(C) Atacama Productions, Valdivia Film, Mediapro, France 3 Cinema - 2015

『光のノスタルジア』
天文観測点として世界随一の環境である一方、独裁政権下で行方不明になった政治犯たちの遺骨が埋まるチリのアタカマ砂漠を取材したドキュメンタリー。観測のために集まる世界中の天文学者がいる中で、片や家族の遺骨を捜して砂漠を掘り起こそうとする人々の姿を映す。監督は、チリのドキュメンタリー作家のパトリシオ・グスマン。天文学から思い描く永遠のごとき時間と、愛する者を失った人たちの止まってしまった時間を表現し、深い余韻を残す。
cinematoday.jp
配給: アップリンク
uplink.co.jp
(C) Atacama Productions (Francia) Blinker Filmproducktion y WDR (Alemania), Cronomedia (Chile) 2010

光のノスタルジア』の動画

[PR]

関連動画

[PR]