ADVERTISEMENT

広末涼子、豊川悦司の役に苦言⁉︎寺島しのぶ大爆笑!『あちらにいる鬼』完成披露試写会

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

寺島しのぶ、広末涼子、廣木隆一監督が登壇した映画『あちらにいる鬼』完成披露試写会の模様をお届け!

〜見どころ〜
直木賞作家・井上荒野が自身の父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに創作した小説を映画化。一人の作家をめぐり、その妻と愛人が織り成す人間模様を描く。『ヴァイブレータ』などの廣木隆一がメガホンを取り、同作などで廣木監督と組んできた荒井晴彦が脚本を担当。瀬戸内をモデルにした作家を廣木監督作『やわらかい生活』などの寺島しのぶ、井上光晴をモデルにした作家を『愛の流刑地』などの豊川悦司、彼の妻を『ゼロの焦点』などの広末涼子が演じる。

〜あらすじ〜
人気作家・長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行で知り合った作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の仲になる。一方、篤郎の妻・笙子(広末涼子)は夫の奔放な女性関係に気付きながらも、夫婦として穏やかな生活を続けていた。しかしみはるにとって、篤郎との関係は「書くこと」を通じてつながる、かけがえのないものとなっていく。

劇場公開:2022年11月11日
作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:happinet-phantom.com
(C) 2022「あちらにいる鬼」製作委員会

#寺島しのぶ #豊川悦司 #広末涼子

ADVERTISEMENT

関連動画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT