エイズの運動家を描く、カンヌグランプリ作品 映画『BPM ビート・パー・ミニット』予告編

シネマトゥデイ 68,062回

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

1990年代初めのパリを舞台に、エイズにまつわる差別や不当な扱いに抗議する活動家たちを描いたヒューマンドラマ。『パリ20区、僕たちのクラス』の脚本・編集を担当したロバン・カンピヨ監督の実体験を基に、「ACT UP」という団体で命を懸けて行動した主人公や、その仲間たちの姿を映す。出演はナウエル・ペレ・ビスカヤー、アーノード・ヴァロワ、アデル・エネルら。病との闘い、勇気と繊細な愛を描く物語は、第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。

公式サイト:bpm-movie.jp
映画情報:cinematoday.jp
(C) Celine Nieszawer

BPM ビート・パー・ミニット』の動画

[PR]

関連動画

[PR]