ADVERTISEMENT

ベネディクト・カンバーバッチ主演『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』予告篇

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

イギリスの上流階級に生まれ、父亡きあと一家を支えるためにイラストレーターとして活躍するルイス(ベネディクト・カンバーバッチ)。やがて、妹の家庭教師エミリー(クレア・フォイ)と恋におちたルイスは、身分違いだと大反対する周囲の声を押し切り結婚するが、まもなくエミリーは末期ガンを宣告される。庭に迷い込んだ子猫にピーターと名付け、エミリーのために彼の絵を描き始めるルイス。深い絆で結ばれた“3人”は、残された一日一日を慈しむように大切に過ごしてゆくが、ついにエミリーがこの世を去る日が訪れる。以来、ピーターを心の友とし、ネコの絵を猛然と描き続け大成功を手にしたルイスは、やがて「どんなに悲しくても描き続けて」というエミリーの言葉の本当の意味を知る。

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』は2022年12月1日より全国公開

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:louis-wain.jp

配給:キノフィルムズ

(C) 2021 STUDIOCANAL SAS - CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION

ADVERTISEMENT

関連動画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT