ADVERTISEMENT

横浜流星&清原果耶、お互いをベタ褒めし照れ笑い『線は、僕を描く』完成報告会

シネマトゥデイ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

横浜流星、清原果耶、細田佳央太、江口洋介、三浦友和、小泉徳宏監督が登壇した、『線は、僕を描く』完成報告会、完成披露試写会の模様をトークノーカットでお届け!

〜見どころ〜
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』や『ちはやふる』シリーズなどの小泉徳宏が監督などを務め、砥上裕將の小説を実写映画化。水墨画と出会った青年が、水墨画を学ぶうちにその世界にのめり込む。『ノイズ』などの片岡翔が小泉監督と共に脚本、水墨画監修を水墨画家の小林東雲が担当する。『愛唄 -約束のナクヒト-』などの横浜流星が主人公を演じている。

〜あらすじ〜
大学生の青山霜介(横浜流星)は、絵画展設営のアルバイト中に水墨画と出会い、白と黒のみで表現される世界に魅了される。水墨画家として知られる篠田湖山に声をかけられたことをきっかけに、霜介は水墨画を学び始める。真っ白な紙に筆と墨だけを使って描かれる芸術を知るにつれ、彼は次第に深遠な水墨画の世界に引き込まれていく。

作品情報:cinematoday.jp
公式サイト:senboku-movie.jp
(C) 砥上裕將/講談社 (C) 2022映画「線は、僕を描く」製作委員会

#線は僕を描く #横浜流星 #清原果耶

ADVERTISEMENT

関連動画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT