Amazonプライム・ビデオの月額料金と支払い方法|見放題と有料作品がある?

Amazonプライム・ビデオの月額料金と支払い方法|見放題と有料作品がある?

※この記事にはアフィリエイト、および、アフィリエイト・リンクが含まれています。

Amazonプライム・ビデオの月額料金や支払い方法について疑問をお持ちではないですか?

Amazonプライム・ビデオは低料金と高品質なサービスが特徴の動画配信サービスですが、一方で料金設定や支払い方法に複雑なところがあります。

そこで今回は、以下のようなポイントに絞って説明していきます。

この記事を読めば、Amazonプライム・ビデオへの加入前に知っておくべき料金プランと支払い方法についての情報を知ることができます。

目次

Amazonプライム・ビデオとは

月額料金(税込)500円(年間契約なら4,900円)
無料トライアル期間30日間
見放題作品数非公開
配信作品のジャンル・洋画
・邦画
・国内ドラマ
・海外ドラマ
・アニメ
・キッズ
・ドキュメンタリー
・お笑い、バラエティ
・音楽
・Amazonプライム
・ビデオオリジナル
アカウント作成可能数1
同時再生可能台数3
動画の倍速対応非対応
テレビでの再生可能
画質以下の4種類
・最高画質(4K)
・高画質(HD)
・標準画質(SD)
・データセーバー(低画質)
ダウンロード可否可能
支払い方法以下の5種類
・クレジットカード
・携帯キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム

Amazonプライム・ビデオ(Prime Video)は、Amazonプライム会員が視聴できる2019年度国内利用者数1位の動画配信サービスです。

Amazonプライム・ビデオには、下記の6つの特徴があります。

【Amazonプライム・ビデオの特徴】
  • ジャンルに特化しない総合的な動画配信サービスでは業界最安値
  • テレビCMでもおなじみの人気コンテンツが揃っている
  • 料金の支払い方法が豊富
  • 年間契約で会員になると1月あたりの料金がお得になる
  • 1契約で3台まで同時再生が可能だから家族で楽しめる
  • 加入すると、Amazonでの送料無料やお急ぎ便などの恩恵を受けられる

Amazonプライム会員になるといくつもの特典を受けられますが、Amazonプライム・ビデオはそのなかでも最も注目すべきサービスの1つといえます。

他社の定額制動画配信サービスと比較してコストパフォーマンスが高く、支払い方法も豊富なため、大変使いやすいサービスです。

Amazonプライム・ビデオの月額料金はいくら?

ここではAmazonプライム・ビデオの月額料金を説明します。

Amazonプライム・ビデオには以下の2つのプランがあります。

【Amazonプライム・ビデオの月額料金はいくら?】

どちらのプランにもメリットとデメリットがあり、ユーザーの志向でプランを選べます。

Amazonプライム・ビデオに加入後に、プランを変更することもできます。

このどちらのプランを選んでも、記事の中盤で紹介する5つの支払い方法のすべてを利用できる点に違いはありません。

ちなみに、AmazonプライムにはPrime Studentという学生専用の会員プランもあり、こちらは年間プランと月額プランの双方が、正規の料金の半額となります。

学生の方は、こちらもぜひ検討してみてください。

プラン1. 年間4,900円(税込)

1つ目は、年間4,900円(税込)のAmazonプライム・ビデオのプランについてです。

これは、契約時に4,900円払うことで、アマゾンプライムのすべてのサービスが1年間受けられるプランです。

月額換算すると408円となり、月額500円のプランよりも支払額が安く収まるため、低料金でAmazonプライム・ビデオを楽しみたい方はこちらを選ぶといいでしょう。

また、1年間Amazonプライム・ビデオを利用するか不安な場合でも、途中で解約すれば、支払った料金は使用状況に応じた分が引かれて返金されます。

この返金システムは、年間プランのデメリットである「1年間利用するかわからない……」というユーザーの不安を打ち消しているといえるでしょう。

プラン2. 月額500円(税込)

Amazonプライム・ビデオにはもう1つ、月額500円(税込)のプランもあります。

このプランのメリットは、年間契約よりも気軽にAmazonプライム・ビデオの会員になれることです。

途中解約可能で返金制度もあるとはいえ、やはりいきなり年間契約するのは気が引けるという方は、こちらのプランを選ぶとよいでしょう。

デメリットは、年間契約よりも支払い額が高くなる点にあります。Amazonプライム・ビデオにどちらのプランで加入するか迷っている方は、年間で1,100円の違いが出てくることに着目して検討してみてください。

ちなみに、月額500円(税込)のプランでも、Amazonプライム・ビデオの途中解約は可能で、年間プランと同様に返金制度にも対応しています。

【月額料金・支払い方法】Amazonプライム・ビデオと他社サービスを比較!

 月額料金(税込)無料お試し期間見放題作品数雑誌見放題の有無画質ダウンロード可否対応デバイス同時視聴可能な台数
Amazonプライム・ビデオ500円(年間契約は4,900円30非公開なしSD/HD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット3
U-NEXT2,189円31220,000以上ありSD/HD/フルHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット4
Hulu1,026円14100,000以上なしSD/HD/フルHD・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
Netflixベーシックプラン:990円
スタンダードプラン:1,490円
プレミアムプラン:1,980円
0非公開なしSD/HD/フルHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレットベーシックプラン:1
スタンダードプラン:2プレミアムプラン:4
FODプレミアム976円3150,000以上ありSD/HD不可・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
dTV550円31120,000以上なしSD/HD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
Paravi1,017円14非公開なしSD/HD・テレビ・PC・スマホ/タブレット1

次に、Amazonプライム・ビデオと他社動画配信サービスの月額料金と支払い方法を比較していきます。

比較対象となるサービスは下記の6つです。

【比較対象となるサービス】

dTVをのぞく上記の5社とAmazonプライム・ビデオは、Visa・Mastercard・JCB・American Express・Dinersと5種類のクレジットカードに対応しています。

一方でdTVだけは、Dinersをのぞく4種類に対応しています。

また、デビットカードに公式に対応しているのは、Amazonプライム・ビデオ、Hulu、Netflixの3社であることもおぼえていて損はないでしょう。

「Amazonプライム・ビデオ」と「U-NEXT」を比較

 Amazonプライム・ビデオU-NEXT
月額料金(税込)・月額500円
・年会費:4,900円
・月額プラン:2,189円
料金体系見放題 + 都度課金見放題 + 都度課金
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・デビットカード決済
・キャリア決済
・楽天ペイ
・iTunes Store決済
・ギフトコード/U-NEXTカード
・Amazon支払い(Amazon Fire TV / Fire TV Stickの場合

U-NEXTは、220,000本以上の見放題作品数を誇る動画ラインナップが特徴の定額制動画配信サービスです。

U-NEXTは、220,000本以上の見放題作品数を誇る動画ラインナップが特徴の定額制動画配信サービスです。

作品本数は多いですが、その分Amazonプライム・ビデオと比較して、月額料金が4倍以上も高い点には注意しましょう。

見放題作品の傾向から比較すると、Amazonプライム・ビデオはオリジナル作品が人気で、U-NEXTはオールジャンルの動画に加えて、雑誌読み放題まで対応しているのが強みです。

支払い方法はどちらも幅広く対応しています。楽天ポイントを貯めたい方は、楽天ペイに対応しているU-NEXTを選ぶのがいいでしょう。

「Amazonプライム・ビデオ」と「Hulu」を比較

 Amazonプライム・ビデオ Hulu
月額料金(税込)・月額500円
・年会費:4,900円
1,026円
料金体系見放題 + 都度課金全作品見放題
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Huluチケット
・iTunes Store決済
・PayPal
・Amazonアプリ内決済
・LINE Pay

Huluはすべての動画が見放題で、海外ドラマの配信スピードが早いのが特徴です。

月額料金は、Amazonプライム・ビデオと比較して約2倍の1,026円(税込)です。

Huluの見放題本数は100,000本とAmazonプライム・ビデオよりは多いですが、同時視聴できない点が残念だといえるでしょう。

料金の支払い方法を比較すると、HuluはAmazonプライム・ビデオより幅広く、PayPalやLINE Payを選択することもできます。

「Amazonプライム・ビデオ」と「Netflix」を比較

 Amazonプライム・ビデオNetflix
月額料金(税込)・月額500円・年会費:4,900円・ベーシック:990円
・スタンダード:1,490円
・プレミアム:1,980円
料金体系見放題 + 都度課金全作品見放題
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・ パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・プリペイドカード
・Netflixプリペイド
・ギフトカード
・iTunes Store決済
・PayPal

Netflixは、世界で1億9000万人以上のユーザーがいる定額制動画配信サービスです。

月額料金は3つのプランで異なり、それに応じて選択できる画質や同時視聴数も異なります。

Amazonプライム・ビデオと比較すると、全作品が見放題で洋画や海外ドラマに強い点が特徴といえるでしょう。

支払い方法に関しては、Amazonプライム・ビデオはキャリア決済に対応しているものの、Netflixは対応していない点に注意してください。

反対に、PayPalやiTunes Store決済はNetflixだけが対応しています。

「Amazonプライム・ビデオ」と「FODプレミアム」を比較

 Amazonプライム・ビデオFODプレミアム
月額料金(税込)・月額500円
・年会費:4,900円
976円
料金体系見放題 + 都度課金見放題+都度課金
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・ パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・iTunes Store決済
・Amazon決済
・d払い決済
・au かんたん決済
・au PAY
・UQ mobile
・au テレビパックプラン
・My SoftBank認証
・楽天ペイ

FODプレミアムは、フジテレビのドラマやバラエティ番組、アニメが見放題で楽しめるのが特徴です。

月額料金は977円(税込)とAmazonプライム・ビデオと比較して2倍程度高いですが、往年のフジテレビ作品のファンなら満足できるサービスでしょう。

しかし、FODプレミアムの支払い方法にプリペイドカードやギフトカードがないことを考えると、未成年者のユーザーには、Amazonプライム・ビデオのほうが使いやすいといえます。

「Amazonプライム・ビデオ」と「dTV」を比較

 Amazonプライム・ビデオdTV
月額料金(税込)・月額500円
・年会費:4,900円
550円
料金体系見放題 + 都度課金見放題+都度課金
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・ パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・キャリア決済(ドコモ ケータイ払いのみ)

dTVは、NTTドコモが提供する低料金で豊富な見放題作品を楽しめる定額制動画配信サービスです。

月額料金は550円(税込)とAmazonプライム・ビデオより50円だけ高くなっています。

見放題作品数は、Amazonプライム・ビデオが非公開なのに対して、dTVが120,000本です。

ただし、「公称されている数字」と「実際に利用して感じる満足感」は必ずしも比例しません。

双方とも無料お試し期間を利用して、自分に合うか試してみることをおすすめします。

料金の支払い方法は、dTVは2種類しか対応していないため、Amazonプライム・ビデオが優れているといえます。

ちなみに、dTVで利用できるクレジットカードは、Visa・Mastercard・JCB・American Expressの4種類で、Dinersは使えないことに注意してください。

「Amazonプライム・ビデオ」と「Paravi」を比較

 Amazonプライム・ビデオParavi
月額料金(税込)・月額500円
・年会費:4,900円
1,017円
料金体系見放題 + 都度課金見放題+都度課金
支払い方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Paidyの翌月払い
・Amazonギフト券
・ パートナーポイントプログラム
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・iTunes Store決済

ParaviはTBS、テレビ東京のドラマやバラエティ番組を配信する点に特徴があります。

とくに、ドラマには力を入れていて、Paraviオリジナルのドラマも製作しているほどです。

Amazonプライム・ビデオと比較して月額料金は1,017円(税込)とおよそ2倍ですが、テレビドラマが好きな方にはおすすめの動画サービスといえるでしょう。

料金の支払い方法はAmazonプライム・ビデオの方が種類が豊富で、ユーザーのニーズを満たしているといえます。

Amazonプライム・ビデオの月額料金の支払い方法

続いては、Amazonプライム・ビデオの月額料金の支払い方法の詳細を説明していきます。

Amazonプライム・ビデオは以下の5つの支払い方法に対応しています。

どの支払い方法にもメリット・デメリットがあるため、事前に特徴を把握して支払い方法を選択することをおすすめします。

支払い方法1. クレジットカード

Amazonプライム・ビデオでは、Visa・Mastercard・JCB・American Express・Dinersと5種類のクレジットカードを利用できます。

また、デビットカードの登録も可能です。Amazonプライム・ビデオの支払い方法に、クレジットカードを選ぶメリットは2つあります。

まず1つ目のメリットは、決済のわかりやすさにあります。クレジットカード決済は、ほとんどの動画サービスで支払い方法として採用されており、明瞭さ、安全性の面で優れているといえるでしょう。

次に2つ目のメリットは、各クレジットカード会社のポイントが貯まることです。

加えて、Amazonポイントが貯まる特別なクレジットカードもMastercardから発行されています。気になる方はそちらのカードも検討してみてください。

支払い方法2. 携帯キャリア決済

携帯キャリア決済とは、Amazonプライム・ビデオの料金を携帯電話の通話料とまとめて決済できる支払い方法です。

対応している通信キャリアは以下です。

【対応している通信キャリア】
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • ワイモバイル

ソフトバンク、ワイモバイルは以前は未対応だったのですが、2020年6月に対応しました。

Amazonプライム・ビデオの支払い方法に携帯キャリア決済を選択するメリットは、支払い方法を一括で管理できる点にあります。

また、キャリア決済に登録しているクレジットカードのポイントを貯められます。

一方でデメリットは、キャリアを解約した際に、自分でAmazonプライム・ビデオの支払い方法をキャリア決済から変更する必要があることでしょう。

支払い方法3. Paidyの翌月払い

Paydy(ペイディ)とは、ネット通販などの料金を翌月に後払いできるオンライン決済サービスです。

Amazonプライム・ビデオの支払い方法をPaidyの翌月払いにするメリットは、以下の3点です。

【Paidyの翌月払いにするメリット】

・料金の支払いを翌月に先延ばしできる
・クレジットカード不要
・親権者の同意があれば、未成年者でも選択できる

また、Paidyの翌月払いを選択する際に必要なものは以下の2点です。

【Paidyの翌月払いを選択する際に必要なもの】
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス

Paidyの翌月払いを選択すると、最終的にAmazonプライム・ビデオの料金はコンビニ払いか、または口座振替で支払うことになります。

この支払い方法のデメリットは、コンビニ払いを選択すると手数料が356円(税込)かかる点にあります。

支払い方法4. Amazonギフト券

Amazonギフト券は、Amazonでの買い物に現金と同様に利用できるギフト券です。

オンラインでチャージすることもできますし、コンビニなどで買い求めることもできます。

Amazonプライム・ビデオの支払い方法にAmazonギフト券を選ぶメリットは、以下の2点だといえるでしょう。

【Amazonプライム・ビデオの支払い方法にAmazonギフト券を選ぶメリット】
  • 未成年者でも利用可能
  • Amazonギフト券をチャージするたびにAmazonポイントが付与される

高額をチャージすれば、クレジットカードのポイントよりも還元率は高いです。

本気でポイント還元を狙う場合は、支払い方法にAmazonギフト券を検討してみてください。

支払い方法5. パートナーポイントプログラム

パートナーポイントプログラムでの支払いとは、対象のJCBカードを登録し、Oki DokiポイントでAmazonプライム・ビデオの料金を支払う方法です。

1ポイントで3.5円分の支払いに充当できます。JCBカードをAmazonに登録して買い物に利用していた方には、うってつけの支払い方法といえるでしょう。

また、普段からJCBカードを利用してOki Dokiポイントを貯めているものの、有効な使い道を見つけられなかった方は、ぜひAmazonプライム・ビデオの料金の支払い方法として使ってみてください。

Amazonプライム・ビデオの月額料金・支払い方法に関する注意点

ここでは、Amazonプライム・ビデオの月額料金と支払い方法に関する注意点を説明していきます。

注意点は下記の4点です。

いずれも、Amazonプライム・ビデオに加入するにあたって知っておきたい内容です。

ここで一通り目を通しておいてください。

1. Amazonプライム会員に初めてなる人は無料体験が可能

Amazonプライム・ビデオは、他の動画サービス同様に、無料お試し体験ができます。

期間は申し込み日を含む30日間で、初回加入者のみがその対象です。細かい点ですが、31日間ではないので注意してください。

Amazonプライム・ビデオの無料お試し期間でチェックすべきポイントは以下の3点です。

【Amazonプライム・ビデオの無料お試し期間でチェックすべきポイント】
  • 見放題作品のラインナップ
  • アプリの使用感
  • 作品検索のしやすさ

また、実際にアプリで視聴して画質や音響、字幕、倍速再生の具合を確認することも重要です。

作品検索については、しっかり自分の意図する条件で絞り込めるかや、キーワード検索の精度まで確認しましょう。

2. Amazonビデオレンタルの作品は有料

Amazonビデオレンタル作品とは、Amazonプライム・ビデオ内の見放題作品に該当せず、個別にお金を支払ってレンタルする作品のことです。

レンタル料金は作品によって異なり、1本あたり400円前後の作品が多いです。

レンタル期間は30日間と長めですが、一度視聴を始めると48時間でレンタルが終了するので注意してください。

とはいえ、期間が過ぎると自動で視聴不可となり、延滞料金が請求されることはありません。

レンタルに該当する作品は、その年に公開された新作映画などです。画質は、HD(高画質)で視聴できるため満足感は高いでしょう。

3. 「見放題」「レンタル」以外に「購入」という料金体系もある

Amazonプライム・ビデオの料金体系には、見放題とレンタルのほかに購入があります。

購入を選択すると、文字通り一度料金を支払えば何度でも無期限で視聴できます。今後、Amazonプライム・ビデオで何度も見返す作品になると思ったら、購入を選択するといいでしょう。

またAmazonプライム・ビデオ画質は、レンタルと同じHD(高画質)で視聴できます。購入の料金は作品によっても異なりますが、そのほとんどが1,000円〜2,500円前後です。

基本的にDVDやブルーレイを買うよりも安くなっています。そのため、目当ての特典があるなどの理由がなければ、Amazonプライム・ビデオの購入を利用するといいでしょう。

4. 途中解約しても日割り計算で返金されない

Amazonプライム・ビデオは、解約時に以下の2つの解約時期から選べます。

【選べる解約時期】
  • 次回更新日に解約
  • 今すぐ解約

次回更新日のタイミングで解約する場合、該当日までAmazonプライム・ビデオを見られますが、すでに支払った料金の返金処理はされません。

今すぐ解約する場合は、Amazonプライムのサービス全般の使用状況に応じて返金がなされます。

数ある動画配信サービスのなかでも、Amazonプライム・ビデオの途中解約すると返金される制度は珍しいといえるでしょう。

ただし、返金額はあくまでAmazon側のシステムにより算出されます。日割り計算による正確な額が返金されることはありません。

【Q&A】Amazonプライム・ビデオの月額料金や支払い方法でよくある質問

Amazonプライム・ビデオの月額料金や支払い方法についてのよくある質問を、以下の4つの点に絞ってまとめました。

料金や支払い方法については、実際にAmazonプライム・ビデオを利用してみないとわからないことが多いものです。

ぜひここで、多くの人が疑問に思う点について確認してみてください。

Q1. Amazonプライム・ビデオの料金支払い方法を変更するには?

Amazonプライム・ビデオでは、契約中に料金の支払い方法を変更できます。変更の手順は下記のように行います。

【料金支払い方法を変更する手順】
  1. Amazonトップページにアクセスし、支払い方法を変更したいアカウントでログインする
  2. 上部の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択
  3. 「プライム」を選択
  4. 「会員資格更新日」の下の「支払い方法を変更」を選択
  5. 「現在の支払い方法」の下の「支払い方法を変更する」を選択
  6. 希望する新しい支払い方法を選択・入力する
  7. 「続行」を選択し、変更が完了

ただし、Amazonプライム・ビデオのアプリから、支払い方法の変更はできないことには注意してください。

Q2. Amazonプライム・ビデオの料金請求日はいつ?

Amazonプライム・ビデオの料金請求日は、無料お試し期間終了日の翌日です。

たとえば、4月5日に無料お試し体験に加入する場合を例に挙げます。

この場合、終了日は申し込み日を含む30日後の5月4日で、料金請求日は無料お試し終了日の翌日なので5月5日になります。

その後、有料会員になっても、毎月同じ日に請求されます。

そのためAmazonプライム・ビデオの料金請求日は、無料お試し期間にいつ申し込むかによって変わってくるといえるでしょう。

Q3. Amazonプライム・ビデオのプランを月額から年間に変更するには?

Amazonプライム・ビデオのプランを月額プランから年間プランに変更できます。

変更の手順は以下になります。

【変更の手順】
  • Amazonトップページにアクセスし、ログインする
  • 上部の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択
  • 「プライム」を選択
  • 「会員タイプ」の下の「会員プランをもっと見る」を選択
  • 「プライム 年間¥4,900/¥」を選択し、「年間プランに変更する」を選択

Amazonプライム・ビデオを月額プランから年間プランに変更すると、年間で1,100円お得になります。

今後1年以上Amazonプライム・ビデオを含むAmazonプライムのサービスを利用する予定のある方は、変更することをおすすめします。

Q4. Amazonプライム・ビデオの支払いを未成年がするには?

Amazonプライム・ビデオの料金を未成年でも支払える方法は、以下の2つです。

【未成年でも支払える方法】
  • Paidyの翌月払い
  • Amazonギフト

Paidyの翌月払いは携帯電話番号とメールアドレスを入力すれば、コンビニ払いか口座振替でAmazonプライム・ビデオの料金を支払えます。

またAmazonギフト券は、コンビニなどで販売しているものを購入すれば、未成年でも利用できます。

さらに携帯キャリア決済で未成年が支払うこともできますが、最終的に保護者のクレジットカード決済や口座引き落としになっていることがほとんどでしょう。

Amazonプライム・ビデオの料金を、未成年が保護者に知られずに支払うことは難しいといえます。

Amazonプライム・ビデオの月額料金と支払い方法まとめ

ここまでAmazonプライム・ビデオの月額料金と支払い方法を、ポイントに絞って説明してきました。

最後にそれぞれの重要部分をまとめておきます。月額料金については以下の3点が重要です。

【Amazonプライム・ビデオの月額料金】
  • Amazonプライム・ビデオは月額プランと年間プランがあり、後者が年間で1,100円お得
  • 月額500円(税込)は他社動画サービスと比較して料金は最安
  • 途中で解約し返金処理してもらうこともできる

また、料金の支払い方法については以下の3点が重要です。

【料金の支払い方法】
  • Amazonプライム・ビデオには5つの支払い方法があり、それぞれに特徴がある
  • 途中で会費の支払い方法を変更することや、月額プランから年間プランへの変更も可能
  • 未成年におすすめのAmazonプライム・ビデオの支払い方法は、Paidyの翌月払いとAmazonギフト券

ぜひ、この記事で紹介したAmazonプライム・ビデオの料金プランと支払い方法を参考にしてみてください。

※本記事の内容は執筆時点の情報で、一部最新でない可能性がございます。最新情報は、各サービスの公式サイトからご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる