【dTVの月額料金は550円】レンタル作品の値段・支払い方法も解説!

【dTVの月額料金は550円】レンタル作品の値段・支払い方法も解説!

※この記事にはアフィリエイト、および、アフィリエイト・リンクが含まれています。

「dTVの月額料金は安そうだけど、プランや支払い方法にはどのような種類があるのだろうか…?」

dTVの月額料金や個別課金について、以下のような疑問を持ったことはありませんか。

dTVの値段が高いか安いかは、サービス内容と料金設定のバランスで決まります。

また加入を検討するにあたっては、他社サービスの値段やコンテンツ、料金体系とも総合的に比較すべきでしょう。

そこで今回は下記のポイントを解説します。

これらのトピックも事前に読んでおけば、dTVの月額料金や支払い方法についての疑問を解消でき、動画配信サービスを選ぶ大きなヒントになるはずです。

ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

目次

dTVとは?サービスの特徴

月額料金(税込)550円
無料トライアル期間初回7日間無料(現在、初回31日間無料キャンペーン中)
見放題作品数120,000本以上
配信作品のジャンル洋画
邦画
海外ドラマ
国内ドラマ
韓流・華流
アニメ
キッズ
バラエティ
音楽
dTVオリジナル
マンガ
雑誌見放題なし
毎月のポイント付与数100円(税別)につきdポイントが1ポイント。
月額利用および個別課金(レンタル)利用に応じて付与。
アカウント作成可能数1契約につき1アカウント
同時再生可能台数1台
動画の倍速対応1.5倍速および2倍速(ただし、アプリを使用した場合のみ)
テレビでの再生可能
画質以下の3種類から選択
・きれい
・すごくきれい
・HD
ダウンロード可否可能
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能 

dTVとは、リーズナブルな料金で豊富な動画コンテンツを楽しめるコストパフォーマンスに優れた定額制動画配信サービスです。

dTVを語る上で欠かせない特徴が、以下の6つです。

【dTVを語る上で欠かせない特徴】
  • 月額料金550円(税込)というお得なプライス
  • 動画見放題本数は業界トップクラスの120,000本
  • 多彩なジャンルの動画とマンガをアプリで手軽に楽しめる
  • 支払った額に応じてdポイントが貯まる
  • 動画をダウンロードしてオフライン視聴することでパケット代の節約が可能
  • 初回31日間無料キャンペーンを開催中

dTVの最大の特徴は、その安さにあります。

月額で550円(税込)という価格は、他の動画配信サービスと比較しても最安の部類に入ります。また、提供されるコンテンツも少なくはありません。

むしろ、動画見放題本数は120,000本以上なので、他社サービスと比較しても充実度は1、2を争います。

このコストパフォーマンスこそが、dTVの最大の魅力といえます。

dTVの月額料金はいくら?値段を解説

ここからは、dTVに加入したあとに支払う料金について、以下の3点に絞って説明していきます。

とくにセット申し込みについては、加入前に知っておくことで、あとからセットで申し込むチャンスを失うという事態を防げます。

ぜひ先に目を通してから、dTVの会員登録を検討してみてください。

dTVの月額料金は550円(税込)

dTVの料金は、月額550円(税込)と大変リーズナブルです。1日あたりの料金はおよそ18円となります。

この月額料金で120,000本の見放題対象動画やマンガが楽しめるのですから、良心的なサービスといえるでしょう。もちろん、スマホ、PC、テレビと各端末で利用するのに別料金はかかりません。

dTVより低料金の他社サービスもありますが、見放題作品の本数や総合的な使用感を考慮すると、トップクラスのコストパフォーマンスであることは間違いないです。

ワンコインに近い料金のため、「無料お試し体験を終えたあとでも、見たい作品があるときだけ加入する」という気軽な使い方もできます。

dTVの見放題以外のレンタル作品の料金目安

dTVには、見放題作品のほかにもレンタル作品というものがあります。これは、月額料金とは別に料金を払って視聴する作品のことです。

おもに新作の映画やドラマがレンタル作品の対象となっているため、dTVで新作も楽しみたいという方は、ぜひレンタル作品の料金相場を頭に入れておいてください。

レンタル作品の料金は作品によって異なり、そのほとんどが税込みで108円〜540円です。

なかでも324円〜432円の作品が多くラインナップされています。このレンタル作品の料金は画質によっても異なる点は留意してください。

dTVのレンタル作品は、そのほとんどが標準画質とHD画質から選択でき、標準画質は432円、HD画質なら540円というように、料金に差がつけられています。

ちなみに、標準画質とHD画質で同じ料金が設定されている作品もあります。

料金が変わらない場合は、視聴環境や視聴する端末をふまえて画質を選択するといいでしょう。

dTVとセットでサービスを申し込んだ場合の料金

セット内容月額料金(税込)セットでお得になる金額
・dTV
・DAZN for docomo
3,330円220円

dTVは、一定のサービスとセットで申し込むと単体で申し込むよりお得になります。

セット対象のサービスは下記のとおりです。

【セット対象のサービス】
  • DAZN for docomo

DAZN for docomoは、野球やサッカーなどのスポーツに特化した人気動画配信サービスです。

DAZN単体で申し込むと月額3,000円(税込)、dTV単体で申し込むと550円(税込)のところを、dTVとセットで申し込むと3,330円(税込)になります。

月額で220円安くなるため、スポーツを一緒に楽しみたい方にはおすすめのセットといえるでしょう。

月額数百円の割引でも年間で数千円もお得になるため、これらのセットでの申し込みをぜひ検討してみてください。

【月額料金・支払い方法】dTVと他社サービスを比較!値段の違いは?

 月額料金(税込)無料お試し期間見放題作品数雑誌見放題の有無画質ダウンロード可否対応デバイス同時視聴可能な台数
dTV550円31120,000以上なしHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
U-NEXT2,189円31220,000以上ありHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット4
Hulu1,026円1470,000以上なしHD・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
Netflix・ベーシックプラン:990円
・スタンダードプラン:1,490円
・プレミアムプラン:1,980円
0非公開なしHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレットベーシックプラン:1
スタンダードプラン:2
プレミアムプラン:4
Amazonプライム・ビデオ500円30非公開なしHD/4K・テレビ・PC・スマホ/タブレット3
FODプレミアム976円3150,000以上ありHD不可・テレビ・PC・スマホ/タブレット1
Paravi1,017円0非公開なしHD・テレビ・PC・スマホ/タブレット1

ここからはdTVと他社サービスの月額料金と支払い方法を比較していきます。

比較する上で重要なポイントは以下の4つです。

【比較する上で重要なポイント】
  • 料金差だけではなく、コンテンツの充実度も比較する
  • dTVは他社サービスと比較して支払い方法が少ない
  • dTVで利用できるクレジットカードの種類はVISA・MASTER・JCB・American Expressの4つ
  • dTVでは一部のデビットカードを登録して支払いができるものの、公式には対応していない

これらのポイントをぜひ頭に入れて、他社サービスと比較してみてください。

「dTV」と「U-NEXT」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVU-NEXT
月額料金(税込)550円・月額プラン:2,189円
料金体系見放題+都度課金見放題+都度課金
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・デビットカード決済
・キャリア決済
・楽天ペイ
・iTunes Store決済
・ギフトコード/U-NEXTカード
・Amazon支払い(Amazon Fire TV / Fire TV Stickの場合)

U-NEXTは、業界最大の作品数を誇る動画配信サービスです。

U-NEXTの月額料金は2,189円(税込)とdTVの月額料金の4倍程度の差があります。

しかし、公称の作品数を比較すると、dTVは120,000本、U-NEXTは220,000本と料金ほどの差はありません。

この点、どちらに加入するか迷った場合には、まずはdTVを試してみるのもいいかもしれません。

また、支払い方法の豊富さではU-NEXTに軍配があがります。

U−NEXTで利用できるクレジットカードの種類はVISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinersの5つです。

クレジットカードを持っておらず、3大キャリア以外のスマートフォンを使っている場合でも加入できる点はU-NEXTのメリットといえるでしょう。

「dTV」と「Hulu」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVHulu
月額料金(税込)550円1,026円
料金体系見放題+都度課金全作品見放題
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・キャリア決済・Huluチケット
・iTunes Store決済
・PayPal
・Amazonアプリ内決済
・LINE Pay

Huluは海外ドラマに強い老舗の動画配信サービスです。

月額は1,026円(税込)とdTVのおよそ2倍ですが、すべての動画が見放題対象で、都度課金することがないのが特徴です。

その点をふまえると、つい映画を見過ぎて料金を多く払うのが心配な方に、Huluは向いているといえます。

dTVとHuluのどちらに加入するか迷った場合は、見たい動画ジャンルの充実度をそれぞれ事前に確認するといいでしょう。

また、支払い方法についてはHuluのほうが多彩です。Huluで利用できるクレジットカードはVISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinersの5つです。

HuluはPayPalやほとんどのデビットカード、Huluチケット(プリペイドカード)も使えるため、幅広いユーザーのニーズに応えているといえるでしょう。

「dTV」と「Netflix」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVNetflix
月額料金(税込)550円・ベーシックプラン:990円
・スタンダードプラン:1,490円
・プレミアムプラン:1,980円
料金体系見放題+都度課金全作品見放題
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・プリペイドカード
・Netflixプリペイド
・ギフトカード
・iTunes Store決済
・PayPal

NetflixはHuluと同じく、アメリカに本社を置く動画配信サービス。Netflixでしか見られないオリジナルコンテンツが充実しているのが特徴です。

Netflixの月額料金はプレミアムプランで1,980円(税込)と高めですが、全作品見放題なため、一概に他社サービスと比較して割高とはいえません。

dTVとNetflixで迷った場合は、dTVの見放題作品ラインナップとNetflixの動画ラインナップをしっかりと比較しましょう。

Netflixの支払い方法は、デビットカードやプリペイドカード、PayPalが使える点がHuluと似ています。

ただし、Netflixではキャリア決済が使えない点に注意してください。

Netflixで利用できるクレジットカードはVISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinersの5種類です。

「dTV」と「Amazonプライム・ビデオ」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVAmazonプライム・ビデオ
月額料金(税込)550円500円
料金体系見放題+都度課金見放題+都度課金
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Amazonギフト券
・Paidy翌月払い
・Oki Dokiポイント (JCB)

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム会員になると利用できる動画配信サービスです。

月額料金は500円(税込)で、年間契約すれば1月あたりおよそ408円と業界でも最安といえるでしょう。

作品数を比較すると、dTVの120,000本に対して、Amazonプライム・ビデオは非公開となっています。

ただ、実際にそれぞれのページを訪れて視聴可能作品を確認したところ、数字ほどの差は感じません。

これら2社のどちらに加入すべきか迷った場合は、それぞれの公式サイト内で、見放題作品の傾向を確認することをおすすめします。

支払い方法は、Amazonプライム・ビデオのほうが幅広いです。

使用できるクレジットカードもVISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinersと主要5ブランドを網羅しています。

「dTV」と「FODプレミアム」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVFODプレミアム
月額料金(税込)550円976円
料金体系見放題+都度課金見放題+都度課金
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・Amazon Pay
・iTunes Store決済

FODプレミアムは、フジテレビのドラマを中心としたコンテンツが魅力の動画配信サービスです。

月額料金は976円(税込)とdTVよりは高いですが、総じて平均的な価格だといえるでしょう。

見放題作品のラインナップに関しては、フジテレビのドラマやバラエティ番組がその大半を占めるため、見る人を選ぶ内容だといえます。

懐かしい連続ドラマの世界に浸かりたいときには加入してみるのもいいでしょう。

FODプレミアムの支払い方法は、他社と比較してAmazon PayやiTunes Store決済が使える点がメリットです。

利用できるクレジットカードもVISA・Mastercard・JCB・American Express・Dinersと隙がなく、dTVよりも種類が多いです。

「dTV」と「Paravi」の月額料金・支払い方法を比較

 dTVParavi
月額料金(税込)550円1,017円
料金体系見放題+都度課金見放題+都度課金
支払い方法【ドコモの回線契約がある場合】
・ドコモ ケータイ払い
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)

【ドコモ回線契約がないお客様】
・クレジットカード払い(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
・App Storeでの購入
・コンビニでのシリアルコード購入
・Google Playでの購入
・gifteeでの購入
※dポイント / ドコモポイントを月額料金の支払いに充当可能
・クレジットカード決済
・キャリア決済
・iTunes Store決済
・Amazonアプリ内決済

Paraviは、TBSやテレビ東京の番組の配信に力を入れている動画配信サービスです。

月額料金は1,017円(税込)とdTVのおよそ2倍の額です。

FODプレミアムと同じく、過去に放送されたテレビ番組がメインコンテンツとなります。

そのためParaviは、映画よりもドラマやバラエティ番組をよく見る人におすすめのサービスといえるでしょう。

支払い方法は他社サービスと同じく、dTVよりも幅広いです。

利用できるクレジットカードはVisa・MasterCard・JCB・American Express・Dinersの5種類です。

dTVの月額料金の支払い方法

ここでは、dTVの料金の支払い方法の詳細をまとめていきます。重要なポイントは以下の2つです。

dTVのキャリア決済はドコモ ケータイ払いのみ利用可能となっており、他キャリアのキャリア決済は利用できません。

ちなみに、クレジットカードは国内で発行されたものに限って利用できます。

先にも触れましたが、dTVの料金を支払う際に利用できるクレジットカードはVisa・MasterCard・JCB・American Expressの4種類で、Dinersは使えません。

【月額料金の支払い方法1.】 ドコモの回線契約がある場合

まずはドコモと回線契約している場合の月額料金の支払い方法を説明します。

ドコモと回線契約している場合は、以下の方法でdTVの月額料金を支払えます。

ドコモと回線契約している場合の月額料金の支払い方法
  • ドコモ ケータイ払い

ドコモ ケータイ払いはドコモ契約者が利用できるキャリア決済です。

dTVはドコモが運営する動画配信サービスであるため、ドコモケータイ払い以外の他社キャリア決済を料金の支払いに利用できないことに注意してください。

【月額料金の支払い方法2.】ドコモの回線契約がない場合

次に、ドコモと回線契約がない場合のdTVの月額料金の支払い方法について説明します。

ドコモケータイ払い以外の支払いは、クレジットカードやコンビニでのシリアルコードに対応しています。

先でも触れたように、回線契約がない場合はドコモケータイ払いを利用できません。

クレジットカードがない場合は、デビットカードの登録を試してみるのも1つの方法です。

公式にはアナウンスされていないものの、dTVにおいては実際にデビットカードが使えたという声は多いようです。

利用できない場合は「RA2500024」というエラーコードが表示されるので、その際は諦めて別の動画配信サービスを探しましょう。

【レンタル料金の支払い方法1.】 ドコモの回線契約がある場合

今度は、動画見放題に含まれない作品をレンタルする場合のレンタル料金の支払い方法を説明します。

ドコモとの回線契約がある場合は、以下の3つの方法で支払いを行えます。

【ドコモの回線契約がある場合のレンタル料金の支払い方法】
  • クレジットカード払い
  • ドコモ ケータイ払い
  • dポイント

月額料金の支払い方法との違いは、dポイントが使える点です。

ドコモと回線契約しているのであれば、dTVの月額料金の支払いに対してもdポイントが付与されています。

そこで貯まったdポイントを、レンタル作品の料金の支払いに利用できるのはドコモユーザーには嬉しい点といえるでしょう。

【レンタル料金の支払い方法2.】 ドコモの回線契約がない場合

それでは、ドコモとの回線契約がない場合のdTVのレンタル料金の支払い方法はどうなるでしょうか。

この場合、下記の2つの方法で支払えます。

【ドコモの回線契約がない場合のdTVのレンタル料金の支払い方法】
  • クレジットカード払い
  • dポイント

ドコモと回線契約がないとドコモ ケータイ払いが利用できない点は、月額料金を支払う際と同じです。

なお、ドコモとの回線契約の有無にかかわらず、dTVのレンタル作品への支払いにdポイントを利用できます。

その理由は、dポイントがドコモ利用者以外からも広く利用されているポイントサービスだからでしょう。

dTVの「値段」や「月額料金の支払い方法」に関する注意点

ここでは、dTVの値段と月額料金の支払い方法に関する下記の2つの注意点を説明します。

日割り計算については、無料体験期間中にdTVを解約しなかったらどう処理されるかに関しても合わせても説明しています。

無料体験の解約について心配な場合は、ぜひ目を通してみてください。

1. 月額料金の日割り計算はなし

dTVは、料金の日割り計算がされることはありません。

月のどの日に契約したとしても、1日から月末までの料金として1ヶ月分を必ず請求されます。

また、月のどの日に解約したとしても、同じく1ヶ月分の料金が満額で請求されます。

たとえば、「dTVの無料体験を楽しんでから解約したものの、やっぱりもう一度加入しよう」と思った場合を例に挙げます。

この場合は、可能な限り月初にdTVに加入するのがお得な方法といえるでしょう。

2. 初回登録時のみ31日間の無料お試しあり

dTVは、31日間無料お試しのキャンペーンを行っています。

有料会員と同じ内容の動画やマンガを見放題で楽しめるため、大変お得だといえるでしょう。もちろん、ドコモユーザー以外も利用できます。

ただし、初回登録者のみが対象であるため、1人1回しかこのキャンペーンを利用できません。

また、dTVの無料お試し期間中に解約しないまま期間が過ぎると、自動で有料契約に更新される点にも注意してください。

ちなみに、dTVは不定期で再入会&継続利用で500ポイントプレゼントキャンペーンを開催することがあります。

これを利用すると500ポイント貰えるため、再入会でも実質1ヶ月分無料でdTVを楽しめることになります。

気になる方は定期的に公式サイトを確認してみてください。

【Q&A】dTVの月額料金や支払い方法でよくある質問

ここではdTVの月額料金と支払い方法に関する以下の2つの質問をまとめています。

とくに、dTVの無料お試し後の料金の発生日については、安心して体験するためにも一読しておくといいでしょう。

また解約する前に、無料期間を過ぎてしまった場合の対処法についてもあわせて説明しています。

Q1. dTVの支払いで使うクレジットカードの変更方法は?

dTVの支払い方法として登録しているクレジットカードの変更は、以下の7つの手順で行います。

【登録しているクレジットカードの変更方法】
  1. My docomoにアクセスし、dTVに登録済みのdアカウントでログイン
  2. 「契約内容・手続き」を選択
  3. 「支払い方法の変更」を選択
  4. dTVにPCでログインしている場合は「PCをご利用の方はこちら」のリンクをクリック。スマホでログインしている場合は「スマートフォンをご利用の方はこちら」のリンクをタップ
  5. 「ご契約内容の確認・変更」を選択
  6. 「オススメサービス」一覧の下の「クレジットカード番号」欄の変更を選択
  7. 画面の案内に従って入力し、変更完了

dTVのクレジットカードの変更は、必ずMy docomoから行う必要があることに注意してください。

Q2. dTVの無料お試し後、いつから月額料金が発生する?

dTVの無料期間が経過した翌日に料金が発生します。無料体験期間中に解約しないまま期間が経過すると、自動で有料会員へと契約が更新されます。

dTVの無料体験が終了する前に解約しなかった場合は、必ず最低でも1ヶ月分の料金を請求されるので注意してください。

とくに、月末あたりでdTVの無料体験の期間が過ぎてそのまま翌月を迎えると、あわせて2ヶ月分請求されることになるので要注意です。

ただし、dTVの無料お試しは期間中に解約すると、その時点ですべてのコンテンツが利用できなくなります。

そのため、無料期間が終了する一歩手前で解約できるよう、しっかりと解約すべき日付を覚えておくのがdTVの賢い利用法だといえます。

dTVの月額料金と支払い方法まとめ

今回は、dTVの月額料金と支払い方法を深堀りしながら説明してきました。

最後にそれぞれポイントをまとめておきます。

まず月額料金については、以下の3点です。

【dTVの月額料金】
  • dTVの月額料金は550円(税込)で、他社サービスと比較しても安い
  • dTVは安い月額料金に反して、作品数が豊富でコストパフォーマンスに優れている
  • DAZN for docomoとセットで申し込めば、さらに月額料金が安くなる

次に支払い方法については、以下の4点です。

【dTVの支払い方法】
  • dTVの支払い方法は他社サービスと比較して、種類が少ない
  • 月額料金とレンタル料金の支払い方法が異なる
  • ドコモ回線の契約の有無でも支払い方法が異なる
  • キャリア決済はドコモ ケータイ払いのみ利用可能で、他社のキャリア決済は使えない

dTVの月額料金と支払い方法について十分に理解を深めて、楽しく活用してみてください。

※本記事の内容は執筆時点の情報で、一部最新でない可能性がございます。最新情報は、各サービスの公式サイトからご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる