シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
.
スノーデン
(C) 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
SNOWDEN
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/ドイツ/フランス
日本公開:
2017年1月27日
(TOHOシネマズ みゆき座ほか)
上映時間:
配給:
ショウゲート
製作会社:
オープン・ロード
カラー

見どころ:名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの過程を描く。スノーデン氏をジョセフ・ゴードン=レヴィット、その恋人をシャイリーン・ウッドリーが演じるほか、オスカー女優メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソンらが脇を固める。

あらすじ:2013年6月、元CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員エドワード・スノーデン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の内部告発により、アメリカ政府がひそかに作り上げた国際的な監視プログラムの存在が明らかになる。そこに至る9年の間、国を愛する平凡な若者はテロリストばかりか民間企業や個人、同盟国までも対象とされ、全世界のメールや携帯電話での通話が監視されている現実に危機感を募らせていた。

スノーデン
(C) 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    オリバー・ストーン作品にしては斬り込みの甘さが目立つ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     米国政府の違法な監視プログラムを暴いて、世界に衝撃を与えたスノーデン事件を巨匠オリバー・ストーンが映画化。しかし案の定というか、メジャー・スタジオの協力は一切得られず、ドイツおよびフランスと共同出資のインディーズ映画となることに。それが今のハリウッドの現実だ。
     アメリカの平均的な愛国青年がなぜ政府の最高機密を暴露するに至ったのか。時系列を整理しながら、その過程を丁寧に分かりやすく描く手腕はさすがオリバー・ストーンだが、しかしスノーデンの行為に肩入れし過ぎたせいか客観性に欠ける点も目立ち、それゆえ彼の心境の変化が唐突に感じられることも否めず。斬り込みが甘いという印象が残る。

  • 清水 節
    反体制ヒーローながらも穏やかなギーク像が告発に現実味を与える
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     愛国者が国家の正体に幻滅し、反体制に転じて英雄視される。構造は、いかにもオリバー・ストーン映画だ。しかしジョゼフ・ゴードン=レヴィットが模倣するスノーデン像は穏やかなギークであるため熱は抑え気味で、政府の市民総監視という暴露にリアリティを与える。ロマンスを挿入して人間性を彫り込むが、それはストーンが嫌う「CIAヒーローもの」の劇的構成を反転させた通俗ドラマに向かう。彼の証言にのみ基づいた自伝的映画ゆえ、いくつもの疑問は生ずる。神格化のために施したデフォルメは多いだろう。それでも、ネットに繋げている以上、もはや個人情報は覗かれているという怒りと諦めを同時にもたらす作品であることは確かだ。

  • 山縣みどり
    そこのあなた、CIAにケツの穴まで覗かれてますよ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    エドワード・スノーデンが愛国者か反逆者かの判断はわかれるが、この映画の彼は「いいね!」が欲しかっただけに思えた。CIAとNSAによる監視に嫌悪を抱きながらも何度も諜報機関に舞い戻ってストレスを溜めることを繰り返したのは、コンピュータの才能を発揮したかっただけにしか思えない。褒めてもらいたかった? 監督はスノーデンを英雄として描きたかったのかもしれないが、暴露を正当化しすぎた脚本に乗れず。ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが声のトーンまで似せて好演してたのでもったいない。暴露のきっかけが恋人との私生活をのぞかれたせいって展開も「えっ!」って感じ。私はもうCIAにケツの穴まで覗かれてると覚悟してるよ。

  • くれい響
    じつはニコケイ案件!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    本作も世界を震撼させたインタビューの舞台となった、香港ミラホテルから始まるが、さすがはオリバー・ストーン監督作。衝撃作ながら、観る人を選ぶドキュメンタリーだった『シチズンフォー スノーデンの暴露』と違い、ニュース映像を交えながら『攻殻機動隊』好きだったフツウの男のお仕事を時系列に沿って描く親切丁寧な構成で、ガッツリ離さない。芸達者なキャストが集まる中で、CIA時代のオタク教官を演じるニコラス・ケイジがまさかの好演。時代は違えど、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』との共通点が見えることも、興味深いが、相変わらずオリエンタル色たっぷりな日本のシーンで、一気に困惑させてくれます。

予告編・動画

オリヴァー・ストーン監督×ジョセフ・ゴードン=レヴィット!映画『スノーデン』予告編

» 『スノーデン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『スノーデン』ポスター
    ポスター
  • 映画『スノーデン』チラシ
    チラシ
  • 映画『スノーデン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『スノーデン』『スノーデン』特製クリアファイル
    『スノーデン』特製クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

エドワード・スノーデン:
リンゼイ・ミルズ:
ローラ・ポイトラス:
グレン・グリーンウォルド:
イーウェン・マカスキル:
トレバー・ジェイムズ:
コービン・オブライアン:
ハンク・フォレスター:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スノーデン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:スノーデン SNOWDEN 彼が告発に至った「行き過ぎた国民監視」とは実際どういうことか、がわかる、という点で既にポイント高し! from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年2月19日 3時37分)
    先に「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観てから、鑑賞。 元CIA職員 エドワード・スノーデン氏(写真) が告発した行き過ぎた国民監視。 さて、どんな行き過ぎた国民監視なのか。 劇中、スノーデンと彼女(シェイリーン・ウッドリー)との会話。 「別に悪い事してるわけじゃないんだから、情報がダダ漏れしていても、私は平気よ」 「違う! 何を言ってるんだ!!!」 この映画で暴かれるのは「悪意」をベースにされると、情報ダダ漏れは超危険!ということ。 瞬時にしてその人. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スノーデン」:ライトな正義と告発 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年2月19日 0時21分)
    映画『スノーデン』は、かなり久しぶりに上出来のオリバー・ストーン作品。基本的に反 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スノーデン/人間は情報の集合だ from 映画感想 * FRAGILE (2017年2月8日 21時54分)
    スノーデンSnowden/監督:オリバー・ストーン/2016年/アメリカ・ドイツ・フランス 我々は監視されている TOHOシネマズ新宿 スクリーン1 F-6で鑑賞。 あらすじ:内部告発します。 キャストジョセフ・ゴードン=レビットシャイリーン・ウッドリーメリッサ・レオニコラス・ケイジザッカリー・クイント ※ネタバレはありません。 おすすめ ポイント当時かなり報道されたのでネタバレもなにもないと思います。エンタメ要素も大いにあり。演出については好き嫌い分かれそうな部分あり。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『スノーデン』評価と感想/9.11がもたらしたもの from eigamanzaiの映画レビュー (2017年2月8日 12時33分)
    ネトウヨ愛国少年が告発するまで ☆3.5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) オリバー・ストーン監督作品です。 ストーン監督作品は『プラトーン』を映画館で観て衝撃を受けたんですけど、その後面白かったのは『ウォール街』と『ナチュラル・ボーン・キラーズ』くらいかなぁ。90年代はわりと映画館で観てたと思うんですけど2000年代になってからはさっぱりです。 前作の『野蛮なやつら/SAVAGES』はレンタルで観ましたが、メキシコ麻薬モノにハマってたので面白かったです。 今作はストーン監督作に多い実&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スノーデン・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年2月4日 0時4分)
    ビッグブラザーの時代。 元CIA職員のエドワード・スノーデンが、国家権力による大量監視の実態を暴露した、所謂スノーデン事件の顛末を、一貫して反権力の立場で創作活動してきたオリバー・ストーン監督が映画化。 3.11以降、テロとの戦いを名目に、この世界がいかに変貌してしまったのか。 今や現実社会を動かす“エンジン”である目に見えないもう一つの世界、サイバーワールドで何が起こっているのか... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月23日の週の公開作品
  3. 『スノーデン』