シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
大ベストセラー『ザ・ビーチ』
イギリスで500万部を売ったアレックス・ガーランドの同小説を、世界的にも大ヒットした話題作『トレインスポッティング』の監督ダニー・ボイルが映画化した。これだけでも、十分注目の的なのだが、やはりこの作品の話題はレオナルド・ディカプリオにつきる。
話題の中心はディカプリオ
97年、空前の大ヒット『タイタニック』以来、実に2年ぶりにスクリーンに登場する。 ディカプリオが星の数ほどあるオファーの中でこの作品を選んだのは、アレックス・ガーランドの作品が、自分達の世代を代弁しているところに惹き付けられたのだと言う。
自分の内面に存在するパラダイス
この作品のキーワードでもあるパラダイスの概念に強く興味を抱いた彼は、自分にとってのパラダイスは、多分とんでもない間違ったコンセプトなのだと語る。『ザ・ビーチ』は一見、甘くパラダイスへの誘惑、期待感をもって観るものを迎える。しかし、物語りが進むにつれて、私達はディカプリオと同じく、パラダイスの概念について深く考えさせられることになっていくのである。


 
 
リチャード(レオナルド・ディカプリオ)は、アジアを旅するバック・パッカー。 彼の旅に目的はない。 平凡で平和な暮らしを送っていた“危険な何か”に憧れる22歳のアメリカ人青年が、何かを求めてアジアに旅行者としてやってくる。
  しかし、彼にとって未知のアジアの国でも旅は安全で、日常の生活に少し彩 りを加えたものにすぎない。彼の訪れたバンコクのカオサン通りはそういったバック・パッカーにあふれていた。


 宿をとったゲスト・ハウスで彼は奇妙な男と遭遇する。ダフィ(ロバート・カーライル)と名乗るその男は、気がふれているかに見えた。しかし、リチャードはその男に強く惹かれる。 男は自分がいままでいた“楽園”の話しを続ける。
  翌日その男は血まみれになって自殺していたのだ。 そして、男が語っていた楽園への地図がピンで止められていた。自分の求めていた“何か”がここにあるに違いない、リチャードはこの“楽園”探しへの旅を決意する。

 



 リチャードは男の残した地図を手がかりに、ゲスト・ハウスで隣に泊まっていたフランス人カップルを誘い(ヴィルジニー・ルドワイヤン)、(ギヨーム・カネ)“楽園”探しの旅に出かける。電車や船を乗り継ぎ、最後は泳いで島にたどりつく。
  その島は珊瑚礁と青い海に囲まれた、まさに楽園と呼ぶのにふさわしい島だった。そして、そこにはサルという女性をリーダーとする(ティルダ・スィントン)様々な国の彼と世代を同じくする男女が20人あまりが共同生活をしていたのだ。彼等は自分達の平和を守る為、外部からの侵入者を極度に嫌っていた。


 その島には大麻畑が広がり、大麻は好きなだけ摂取することが出来た。彼等にとってはまさにパラダイス。 しかし、栽培している現地人との間には、お互いの領域を犯さないとの緊張感が保たれ続けていた。
  この均衡が崩れる時、コミュニティの生活は一変してしまうのだ。

 


 ゲームボーイを愛好するリチャードは、現実の出来事をゲームの中の出来事として妄想するのが好きだった。 これはリチャードだけではなく、今の若い世代を象徴してもいるだろう。
  リアリティのない現実。やり直しのきくゲーム・オーバー。現実と空想の境目があやふやになっていく。ダニー・ボイルはこの概念的なテーマを独特の映像で作り上げている。

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.
バンコクを旅するリチャードは…

 

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.
ダフィ・ダックとの強烈な出会い
 

(C)2000 TWENTIETH CENTURY FOX.
そこは、閉鎖されたコミュニティだった
 

『ザ・ビーチ』
アレックス・ガーランド 著
村井智之利 訳
アーティスト・ハウス刊
(3月中旬より映画にあわせてカバーがかわります )
1600円+税

-アレックス・ガーランド-
1970年 生まれ1997年処女作『ザ・ビーチ』がベティ・トラスク賞を受賞。世界中で500万部数を売り上げる。2作品“The Tesseract”もイギリスでベストセラーに輝く。

 


『ザ・ビーチ』 オリジナル・サウンドトラック
イーストウエスト・ジャパン
収録曲のほとんどが完全書き下ろし。 “リチャード、イッツ・ビジネス・アズ・ユージュアル”はディカプリオの自身がラップに挑戦している。

スネイク・ブラッド
レフトフィールド
オン.ユア・オウン
(クローチ・エンド・ブロードウェイ・ミックス)
ブラー
ピュア・ショアーズ
オール・セインツ
イエ・ケ・イエ・ケ
モリ・カンテ
ポースリン
モービー
ウーズィー
ファーストバックス
ヴォイシズ
ダリオG・フィーチャリング・ヴァネッサ・キノーンズ
リチャード、イッツ・ビジネス・アズ・ユージュアル
バリー・アダムソン
8ポール
アンダーワールド
ブルータル
ニュー・オーダー
スピニング・アウェイ
シュガー・レイ
ロンリー・ソウル
アンクル
リターン・オブ・ジャンゴ
エイジリアン・ダフ・ファウンデイション

ビーチド
オービタル・アンド・アンジェロ・パダラメンティ


 
 
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2000年
  3. 3月
  4. 7日
  5. 『ザ・ビーチ』特集 第一弾