シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリウッドのアメとムチ!!(アメ編)

【第3回ガテン!!な仕事、、、PA!!を読む】

                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り, 現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々が続く。

 さて、前回は、映画業界におけるキツーーーイPAのお仕事、いわゆる“ムチ”についてお伝えしたので今回は、“アメ”についてお話ししましょう。

 このアメとは、言葉の通り、アメ、、そうFOOD!!の事であります。

もうこれは、ホンットに女の子のクルーにとってはむちゃくちゃ辛い。映画のセットの、Food。

 まず朝、早く現場に到着するともちろん朝食が用意されてるわけです。バイキング方式で、ほしいものをいえばなんでも出てくる。たとえば、ホットケーキに、サンドウィッチ、ゆで卵、ソーセージ、ハム、オートミール、シリアル。といった具合。朝だけでもそれだけメニューがあるから、お昼、夕飯は、もっとすごい。

 大体その映画の予算は、ケータリング(アメリカではこういう三食まかないサービスをこう呼びます。)で分かっちゃうくらいなんです。私が一番ひょえーーッとぶっ飛んだのは、でっかいタラバガニが出たケータリングかな。そのおいしさはかに道楽にも負けず劣らず。身はぷりぷりでとってもデリシャスでしたね。まあ、そんなわけで、レストランのバイキングを3食食べるのを想像してくださいな。そのカロリー量 、、おそろしやオソロシヤ。

 そしてっっまだまだ驚くのはここから、一番の脅威は、ケータリングとは別 のクラフトサービスというものです。それは、一日中現場においてある、お菓子テーブルのこと。その上には、アメ、ポテチ、コーラ、7up,多種類のチョコ、ガム、なぜかピクルス、クッキー、ドーナツetcetc。今ダイエット中の人が聞いたら悲鳴を上げるような品々が、その机には乗っているのであります。

そして、恐ろしいことに、たまーにアイスクリームとかまで出ちゃったりするわけです。キャーーキキュアアア!!!

ねーー、恐ろしいでしょう。私は、なんの油断もせず撮影が始まるや否や、ひまが出来るとそのクラフトサービスへと、飛んでいき、まるでトトロが森の主のように、私は、クラフトサービスの主となっっていたわけです。そんなわけで、私を探しているクルーなぞは、無線で私を呼ぶ前に、クラフトサービスへ、、、。

 “またここかー”  “えへへーバレター?“ っていう会話は、そこでは日常茶飯で行なわれていました。

 そうして、私の体重は、みるみるうちに急上昇していったのです。

また悪いことに、現場には、それを注意してくれる人達もいません。大学時代は、無神経な男友達が、ちょーーーッと太っただけで、 「あっっ、おまえ、、太った???」 と聞いてくれてたにもかかわらず、女の少ない現場のクルー達が、口々に、 「イヤー真帆は今日も綺麗だねー。細いねー。」 といってくれちゃう。

そして調子に乗った私はますます調子に乗りどんどん食う食う。

 その挙句、、、撮影終わって見りゃあなんと10kg増。しかもわずか1ヵ月の間で、、、。

 仕事も終わり、久々にお町に買い物に行っても、試着する服する服、
「入ンねーーーよおおおおーー」
の嵐、。
アメリカに来たての頃(つい最近、、)はサイズXSで店員にOH!!っていわれるのが、自慢だったのにいい!!

意地で履こうにもパンツはひざから上にいかず、果てはバランスを崩してあられもない格好で、試着室から、カーテン飛び出し大転倒。こんな事で、OH!!って言われてもショウがねーんだ!!

 でもでも心配も束の間、仕事が終わったとたん、ひもじい食生活に、戻り私の体重は、しゅるしゅるとしぼんでいくのでありました。

森田まほ

                             

来週に続く…

ハリウッドで飛び回る20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2000年
  3. 7月
  4. 31日
  5. まほのハリウッド日記4