シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

 

9月30日公開 シネ・アミューズにてレイトショー
配給:アミューズ

『インサイダー』、『グラディエーター』でブレイクしたラッセル・クロウと『ヒマラヤ杉に降る雪』で、すっかりハリウッド女優になって、我々の前に戻ってきた工藤夕貴。この2人の共演映画があったのを御存じだろうか。

この幻の作品が3年の沈黙をやぶりついに公開される!

工藤夕貴が『ヒマラヤ杉に降る雪』に出演するきっかけになったとも言われているこの一作。カンヌ映画祭のプレミア上映では大ウケだったとか…。

物語は実際にオーストラリアで起こった日本人新婚妻狂言誘拐事件。

新婚旅行先のシドニーでこつ然と姿を消した花嫁を、「妻をかえして下さい!」と涙ながらに訴えた日本人夫。しかし、ほどなくして花嫁は何ごともなく戻って来た、という事件をみなさんは御記憶だろうか。

この実話事体が、かなりブッとんだ話なのだが、映画もすごいことになっている。

ラッセルや工藤のファンはもちろん、“きわもの”好きには見のがせない一作!

参考までに、各界の皆様方の御感想を(ヘヴンズ・バーニングチラシより)お読みになっていただくだけでも、映画のすごさが伝わってくることだろう…。

ヘヴンズ・バーニングチラシ裏面より 協力:カマラド

ヤなもん、観ちゃったなあ…

●片岡Kさん(TVディレクター)

 

工藤夕貴さん、イイ浮きしてます。ヒロインなんて浮いてなんぼのもんですよ!

●濱田マリさん(唄い手・女優)

 

何故このもみあげ?何故この金髪?やりすぎに限度なし(しかも全員超マジ)濃い、濃すぎるぜ!

●石井聰亙さん(映画監督)

 

発見!お宝映画。
『ヒマラヤ杉に降る雪』よりずっと泣いて涙もちょちょ切れる工藤夕貴の“ボニー&クライド”。『グラディエーター』よりはるかに頭に血ぃ上がるラッセル・クロウの“レザボア・ドックス”。そして見たことも聞いたこともない役者ケンジ・イソムラのなりきり“マッド・マックス”こんな映画ニ度見られぬ 、作られぬ(!?)。日本は地震、津波、台風で滅びるカルマにある、とは余計なお世話だが、怪優 ケンジ・イソムラの発見に免じて許してやるとするか。

●塩田時敏さん(映画監督)

 

『ヘヴンズ・バーニング』1997年
オーストラリア/英語/100分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSR
後援:オーストラリア大使館
協力:TWENTY FIRST CITY.
配給:アミューズ
宣伝:カマラド


9月30日公開(レイト)
シネ・アミューズ
※上映時間は直接劇場までお問いあわせください。
渋谷・文化村通り
03-3496-2888

 

 

 

 

 

 

 

 

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク