シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り, 現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々が続く。

 これまでのお話でも分かるように、ロスでは、とにかくどこへ行くにも、バス、バス 、バス。ふつうに、車持ってれば、フリーウェイにのって、ポンポーンと目的地に着けるのに、20メートルごとに止まるバスのお陰で、クルマラーの2倍は、かかって 目的地に着く…という過酷なバスラー生活の日々。

こんなんじゃ−仕事もとれやしねーってわけで、私は、ついに、マイカーを持つこと にしたのです。 でもその前に、必要なのは、免許。21歳以上でしか、国際免許を持てないロスで、 当時19の私は、一から、免許をとるはめに…。

早速DMVっていう、免許をとれる ところにいって、まずは、筆記試験から。(余談ですがアメリカには、教習っていう ものはありません。いきなり筆記試験受けて、路上受けておしまい。)久々の、試験 っちゅーことで張り切って、一夜漬けしたかいもあり、一発合格!! イエーイ。
路上試験も、一週間後に、予約をとれたし、、完璧じゃん。

ってちがーーーーう!! 

右ハンドル、日本とは、反対車線のこの国で、一回も運転 したことがないのに受かるわけないじゃん!! むろん練習が、必要な私は、即座に 、ドライビングスクールに入学したわけです。ドライビングスクールっていっても、 この場合、日本の教習所みたいなんでは、なくて、先生が、教習車に乗って、お家ま で、来てくれて、運転の練習を短期間でやるっていうチョー効率のイイもの。

とりあ えず、私は、いっちばん安い(なんと全部で150ドル!ステキッ)、試験の3日前 からの、3日間集中講座に申し込んだ。

レッスンは、グループで、みんなで、和気あいあいって言いたいとこだけど…全 然。私のグループは、ぽっちゃりした、高校生の男の子(15)と、メキシカンのサッチーみたいなおばちゃん。運転経験が、あるのは、私のみ…。 レッスンは、まさにこの世の地獄だった…。まだ私や、少年が、運転してる時は、 いいのよ。二人とも慎重だったから。

問題は、メキシカンサッチー。もうほんとに恐い! 
おばちゃんは、最後の番だった んだけど、2番目の男の子の最中に、突然きれだした。

「私は、いったいいつ運転できんのよ!」

車内に、轟く罵声。おびえる少年。

「あと15分ですから、ちょっと待ってて下さいね」

と優しくなだめる教官に、おばちゃんは、猛獣のように吠えまくる。しかもスペイン 語と英語がグチャグチャで、全く意味不明。私は、あまりの恐怖に、意味もなく、お ばちゃんの背中をさすり続けていました。(一応、ドウドウってつもり…だった んだと思う)。

恐怖の15分が過ぎて、ようやくおばちゃんの番が、回ってきた。青ざめた少年が、 私の隣に座る。っもう、ほんとに可哀想な少年。目で、あんたも大変だったねーって サインを送る。
でも、本当の恐怖は、そこから始まった。

おばちゃんの運転は、サイテーだった。 とりあえず、出発して五分後にピロピロ鳴り続けていた、ケータイにでやがった。下手な癖に、片手で運転しながら、どこぞのメキシカンとしゃベくるおばちゃん。おい おい…。
さすがの教官も、これは叱った。(とは言っても、かなり優しく)。お ばちゃん負けじとまくしたてる。

「あんたねー、横見てみなさい! どいつもこいつ もケータイで、喋りながら電話してるじゃない! しかる前に、電話しながら、運転する方法教えなさいよ!!

ばかな、教官…。これ以上彼女を刺激しないでおくれ。おばちゃんは、怒りながら 、フリーウェイに突入した。あまりの怒りに、入った瞬間加速しすぎて、後ろからく る車に激突しそうになる。

隣で、「ひあああ」みたいな変な声を出す少年。 「次の出口で、出ましょう」 という教官の言葉に、なぜかスピードをあげるおばちゃん。たまにフワッッと浮く車 体。 ようやく次の出口に差しかかった時、  

「アッッ。混んでるから次の出口にしよう

これは、教官の言葉では、ありません。私が、記憶しているのは、ここまで。

(人は、本当に嫌な記憶を、自分の脳から抹消するといいますね。それですそれ。) そういえば、おばちゃん、自分の番が終わったあと、うちらを振り返って、「上手で しょ??」プラス笑顔。
…一瞬、まじで殺意が芽生えた。  

森田まほ

                             

来週に続く…

ハリウッドで飛び回る20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク