シネマトゥデイ


みんな観て観てー!! BROTHERだーーーっの巻

【第26回 マホリン,グリンチに変身?!】を読む

                             

森田まほ
映画が好き!現場で働きたい!その思いがこうじて単身アメリカ、ハリウッドへ渡り, 現場でインターンとして日夜現場を飛び回る日々が続く。

私の、思い出がいーーーっぱいつまった『BROTHER』がついに公開です。思い起こせば、1年前、私はドキドキしながらこの映画で働いておりました。  

実を言いますと、私の苦手なものは辛い食べ物と、日本のミドルのおじさま、それ からちょっと歳上のお姉様。っていうのも、高校時代から、年上のねえさんにはいじ められ、偉そうな酔っぱらいおやじにはバイト先でよくからまれたからかなー。

【お昼休みの決闘シーン】
戦闘相手は『BROTHER』のPA。名前はハーレム。撮影中に車を盗まれた不幸な男。みんなカンパしてあげました。

ところが日本から来る北野組は、ほとんどがそのミドルのおじさまで構成されている って事で、私はもう不安で仕方がありませんでした。もしかして、エロくてえらっそ うなおっさんたちなんじゃないのー?なんて。 、、、が!!ここでハッキリ言わせていただきましょう。

北野組のおじさま方、この 業界では珍しい程ちょーーーーダンディー!かっこいい大人!でございました。お姉様 スタッフも、むちゃくちゃ優しかったし。

あらあら、まほチャンお世辞言っちゃって 、、とか思わないで下さいまし。それに加えてLAスタッフもイケテルから、そんな素 敵な人達の手で作られた映画は、もう超超すんばらしいのです。私が言ってるのは嘘 じゃないって、この映画を観れば、きっと分かるはず、、フフフ。  

【『BROTHER』砂漠ロケにてクルーと共に】

去年、臨月のでっかい腹を抱えて試写会を見に行ってきました。やっぱし、スタッ フだったって事もあってついついひいき目で観ちゃうと思うしょう??しかーし、いいもんはいい! ストーリーは観てのお楽しみだけど、ここでちょっとだけ宣伝させ ていただきやす。

宣伝コーナー!いえーい> エー、この映画は昨年同じ松竹で作られた、『御法度』と比べてみると結構おもしろい 。武さんも出演してたけど御法度は、美少年系勢ぞろいの、静かな愛の文系映画だっ たでしょ?いや確かに武士の話だけどさ。これが、ブラザーの場合ゴリかっこいい系 イカチー殿方大集合の男達の熱い友情!!もろ体育会系映画。兄貴好き!とか言っち ゃった日にゃぼこられそうだもん。 でも、なんか『BROTHER』のなかにも、男同士の愛を感じちゃうわけ。

『御法度』は結構ラブ 丸出しだったけど、この映画の男達の友情はもうラブはこえちゃった感じ。ちょうど 、武さんが、御法度で演じた、土方と近藤みたいな、、。 主役の武さんはもちろんもちろん最高にかっこいい、渋い!!の一言。ちょいと余談 ですが、武さんがホテルで、上半身あらわにするシーンがあるんですがね、(モチも んもん入りね)マホ的に言わせてもらうと、あの胸筋に注目よ。うちの父ちゃん、武 さんとおない年なんだけど、私と同じくらい乳あるからね。

 

【これはおまけ!ほんまもんのポリス】
スピード違反で捕まった時に隠し撮りしました。ごめんなさい!おまわりさん。

真木さんもあのセクシーな声で話す英語の台詞がめちゃ決まっててスーパークールだ し、オマー・エップスも演技力大爆発ドカンしちゃっています。 この主要3人でも十分お腹は一杯なはずなのに、さらにすごいのが、脇を固める俳優さん達! サイコーなんだなー。まずは、ちょこっと出演だけど、おばちゃんキラー の超大御所渡哲也さんから始まって、立ってるだけで絵になっちゃう加藤雅也さんで しょ、寡黙で渋い!人間カベルネソーヴィニオン大杉蓮さんでしょ、野球ファンには たまんない、あのアニマルさんのゲスト出演(私は元野球部マネだったんでこれは渡 さん並みの感動だった、、、)、それからこれぞオールドスクールやくざ!Mr.硬 派の石橋陵さん。

なかでも必見なのは、特に寺島進さん演じる加藤。彼のお茶目っぷ りと男気っぷりの二面 性には、女の子も男の人もめろめろになっちゃう事間違いない でしょう。(いやあー、メロったよ私は) 男の人は、もちろん、私は是非是非女の人に観てもらいたいなー。ていうのも、この 映画、ほんとにかっこいい男がイーーーッパイ出てくるから。最近弱っちい男が多い なかこれがほんとのワル! そのワルのかもし出す、こーーーいフェロモンと、なん とも言えない少年っぽさの二重攻撃にあなたは耐えられるかしら?女にしてみると 、ほんっとにたまんねーー、よだれじゅるじゅるな男がいっぱいのHOT映画なのです 。

銃バンバン、血みどろのサムペキ(サムペキンパー)ムービー。胎教には実によくな かったけど、まじでお勧めです。銃の音も、従来の日本映画とちがってホンマもん使 ってるから、スッゴイ迫力、さっすがハリウッド!!

てなわけでブラザーをみるべし!きっと、映画館からでてきたあなたに訪れる2001年は、きっと熱い年にな るはずです。 あ、それからLA unitの最後の最後、INTERNでMAHO MORITAって出てるんで、、、(う ふっ)。もしよかったら、探してやって下さい。それで、「おおっ、出てんじゃん」 って思ってくだされば嬉しいです。

 

森田まほ


<お知らせ >
1.“まほのハリウッド日記特別編”を掲載しました。まほちゃんがハリウッドで撮った写真も満載!

 

                             

来週に続く…

ハリウッドで飛び回る20歳の乙女、まほちゃんへ励ましのメールを!

(皆様からいただいたメールから、まほちゃんはパワーをいただいているそうです。メールは編集部で1度受け取ってからまほちゃんへ渡されます。本人へ直接メールされるわけではありませんのでご了承下さい。また、いただいたメールはまほちゃんが必ず読んで出来る限りお返事を書きたいとのことです。)


FLiXムービーサイト内「まほのハリウッド日記」
maho@flix.co.jp

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク